Home 海外版予告編 クロエ・セヴィニー&クリステン・スチュワート共演、リジー・ボーデン事件を描く『Lizzie』予告編

クロエ・セヴィニー&クリステン・スチュワート共演、リジー・ボーデン事件を描く『Lizzie』予告編

クロエ・セヴィニー&クリステン・スチュワート共演、リジー・ボーデン事件を描く『Lizzie』予告編
0

クロエ・セヴィニー主演、クリステン・スチュワート共演、伝説の殺人事件関係者リジー・ボーデンと事件を描く『Lizzie』の予告編が公開されました。


1892年、マサチューセッツ州フォールリバー。地元の名士ボーダン家の次女、リリー(クロエ・セヴィニー)は父と継母が斧で惨殺されているのを発見します。屋敷にいたのは彼女の他にメイドのブリジット・サリバン(クリステン・スチュワート)だけでした。
その後の警察の調べから、父との財産を巡るいざこざ、継母との仲の悪さ、毒殺を企んだ形跡などの状況証拠、供述の曖昧さから発見者のリジーが殺人者として逮捕されます。名士の娘が斧で両親をめった刺しにするというセンセーショナルな事件は、当時の世間を沸かせ裁判は注目されましたが、地元のすべてを牛耳っていたボーデン一族によってあらゆる手が尽くされ、最終的に彼女は無罪となりました。

この事件は怪談のような民間伝承となり、斧を持った恐ろしい殺人鬼としてリジー・ボーデンは様々なお話や歌などに登場することになります。

そんな事実を別の視点から描こうとしているのが本作です。リジーは後に女優に熱をあげ、同性愛者だったのではとも言われていました。本作ではそのイメージを使いつつ、クリステン・スチュワート演じる事件当日屋敷にいたメイドのブリジットに大きく焦点を当て、彼女とリジーの関係から事件の真相を描きます。

キム・ディケンズ、デニス・オヘア、ジェフ・ペリー、フィオナ・ショウ、ジェイミー・シェリダンらが共演。
監督はクレイグ・ウィリアム・マクニール(Craig William Macneill)。脚本はブライス・カス。

クロエ・セヴィニーは2010年頃からこの企画に関わっており、HBOでミニドラマシリーズとして製作される計画もありました。本作は2018年のサンダンス映画祭でプレミア上映されています。

全米公開は2018年9月14日です。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.