Home 海外版予告編 Just Go With It

Just Go With It

Just Go With It
0

プレーボーイの形成外科医はいつも若い娘と遊んでいたが、シリアスな関係になりそうになると妻と子どもがいると嘘をついて逃げていた。しかしある若い子がそれは嘘ではないかと疑いはじめたため、外科医はアシスタントの子持ちの女性に、若い子の前で離婚寸前の妻のふりをするようお願いする…というお話。出演はアダム・サンドラー、ジェニファー・アニストン、ブルックリン・デッカーほか。監督はアダム・サンドラー作品を多く手掛けるデニス・デューガン。全米公開は’11年2/11~



予告編には出てきませんが、ニコール・キッドマンがカメオで出演しているようです。

この映画は1969年、ウォルター・マッソー、イングリッド・バーグマン、ゴールディ・ホーンという凄い3人が共演したコメディ『サボテンの花』のリメイク作品です。ゴールディ・ホーンは本作でアカデミー助演女優賞を受賞しています。

今回、イングリッド・バーグマンが演じた歯科アシスタントをジェニファー・アニストンが演じます。そしてゴールディ・ホーンにあたるのがブルックリン・デッカー。

アダム・サンドラーの若くてセクシーな恋人役を演じるブルックリン・デッカーは、プロ・テニス選手アンディ・ロディックの奥さんです。
ブルックリン・デッカーはアメリカですっごい人気のモデルさんです。Maximという男性誌が毎年発表する「世界で最もセクシーな女性ベスト100」で、2010年度2位でした。映画でもしっかり彼女が水着になる見せ場が用意されているようです。

ちなみにMaximの「世界で最もセクシーな女性ベスト100 2010」、1位は歌手のケイティ・ペリー、3位は『アバター』『スタートレック』とSF大作でヒロインを演じたゾーイ・サルダナでした。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です