Home 海外版予告編 マーゴット・ロビー主演、有名スケーターのスキャンダルと半生を描く『I, Tonya』特報

マーゴット・ロビー主演、有名スケーターのスキャンダルと半生を描く『I, Tonya』特報

マーゴット・ロビー主演、有名スケーターのスキャンダルと半生を描く『I, Tonya』特報
0

1994年にライバルを元夫たちに襲わせたフィギュアスケートのオリンピック代表選手トーニャ・ハーディングをマーゴット・ロビーが演じる『I, Tonya』の特報が公開されました。


トーニャ・ハーディングは1991年、女子として史上2人目となるトリプルアクセルを成功させ、オリンピックの代表選手にも選ばれ、アメリカの頂点に立っていた勝ち気なフィギュアスケーターでした。
そんな彼女がスランプになっていた1994年、トーニャの地位を脅かすライバル、ナンシー・ケリガンが全米選手権の会場で何者かに襲われ怪我をしてしまうという事件が起こりました。その結果、全米選手権はトーニャ・ハーディングが優勝し再びオリンピックの出場を果たします。しかしナンシー・ケリガンを襲撃したのがトーニャの元夫で、襲撃はトーニャの指示によるものとわかり、彼女は逮捕されスケート界から追放されます。
そんな彼女の半生やスキャンダルを描くのが『I, Tonya』です。

元夫をセバスチャン・スタンが、ナンシー・ケリガンをケイトリン・カーヴァーが。トーニャの母親をアリソン・ジャニーが演じます。
監督は『ラースと、その彼女』クレイグ・ギレスピー、脚本は『クーパー家の晩餐会』『P.S.アイラヴユー』『ニューヨークの恋人』のスティーブン・ロジャース。

以前からマーゴット・ロビーがメイクや衣装などでトーニャ・ハーディングっぽくなっている姿やスケートを練習する姿はリークされていました。マーゴット・ロビーはゴージャスな美人のイメージですが、今回かなりトーニャ・ハーディングに似せています。

1994年にライバルを元夫たちに襲わせたフィギュアスケートのオリンピック代表選手トーニャ・ハーディングの半生を描く『I, Tonya』の撮影が始まっています。トーニャ・ハーディングを演じるマーゴット・ロビーの...

すでに映画祭などで上映がされていますが、トーニャの母親のアリソン・ジャニーの演技は絶賛されており、アカデミー賞など賞レースが楽しみです。

『I, Tonya』は12月8日からニューヨークとロサンゼルスで限定公開されたあと、全米での拡大公開が予定されています。