Home 海外版予告編 エミリー・ブラウニング主演、NYを舞台にした『Golden Exits』予告編

エミリー・ブラウニング主演、NYを舞台にした『Golden Exits』予告編

エミリー・ブラウニング主演、NYを舞台にした『Golden Exits』予告編
0

エミリー・ブラウニング(『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』)主演、オーストラリアからNYに来た女性をきっかけに人間関係の小さな変化を描く『Golden Exits』の予告編が公開されました。


オーストラリアからニューヨークにやってきたナオミ(エミリー・ブラウニング)はニック(アダム・ホロウィッツ)の仕事の助手として働き始めます。ナオミはニックの家族や、近所で音楽プロデューサーのバディ(ジェイソン・シュワルツマン)とその家族くらいしか知り合いがいません。そんな小さな人間関係が、ナオミが来たことで小さな変化を起こしていく様を描きます。

共演はリリー・レーブ、クロエ・セヴィニー、メアリー=ルイーズ・パーカーほか。

監督・脚本はアレックス・ロス・ペリー。日本では彼の作品は全て未公開ですが、注目のインディーズ監督で、ディズニーが企画している『くまのプーさん』の実写化企画で脚本初稿を執筆したり、今後が期待されています。

ただ、商業的に彼の作品は成功しているとはいい難く、今後その状況でもインディペンデント映画で撮っていくのか、ディズニーでの仕事のようにメジャー会社と仕事をするのか注目です。

本作は2017年1月に行われたサンダンス映画祭でプレミア上映されました。
『Golden Exits』の全米公開は2018年2月9日です。

こちらは予告編冒頭にあった、エミリー・ブラウニングがエース・フレーリーの「New York Groove」を歌うシーンの全長版です。サンダンス映画祭での上映前の特報として公開されていました。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.