Home 海外版予告編 ファッション・カリスマに登りつめたナスティ・ギャル創設者を描くNetflixドラマシリーズ「Girlboss」予告編

ファッション・カリスマに登りつめたナスティ・ギャル創設者を描くNetflixドラマシリーズ「Girlboss」予告編

ファッション・カリスマに登りつめたナスティ・ギャル創設者を描くNetflixドラマシリーズ「Girlboss」予告編
0

ブリット・ロバートソン(『ザ・ロンゲスト・ライド』)が、若い女性たちに大人気のファッション通販サイト「ナスティ・ギャル(Nasty Gal)」を立ち上げた女性、ソフィア・アモルーソを演じるNetflixドラマシリーズ「Girlboss」の予告編が公開されました。


ファッションセンスに自信があった22歳のソフィア・アモルーソは、生活のため安くで買い叩いた古着をネットオークションサイトeBayで売ることで、多額の利益を得ます。2006年、自身のサイトと会社「ナスティ・ギャル」を立ち上げ、本格的にファッション業界に進出。20代を中心とした女性層とセレブに支持されたこともあり、8年で総資産100億円以上の会社に成長し、ロサンゼルスに実店舗も運営。自伝も出版し大成功を収めます。

AWS Access Key ID: AKIAI53NBNJKIW2UAAVQ. You are submitting requests too quickly. Please retry your requests at a slower rate.


このサクセスストーリーを、Netflixで全13回のドラマとして描きます。

ブリット・ロバートソンの他に、エリー・リード、アルフォンソ・マコーリー、ジョニー・シモンズ、ディーン・ノリス、ジム・ラッシュらが出演。
製作総指揮&脚本に、『ピッチ・パーフェクト』シリーズのケイ・キャノン。監督は『ワタシが私を見つけるまで』『あと1センチの恋』クリスティアン・ディッター。製作総指揮には他に、シャーリーズ・セロン、ソフィア・アモルーソ自身が名を連ねています。

しかし現実のナスティ・ギャルは、ここ数年元社員たちから不当解雇の訴訟を起こされ、2年連続従業員削減、CEO交代など、経営が上手く行っておらず、昨年11月にはとうとう破産手続きを申請。ソフィア・アモルーソは会長の座を退き、今年2月には実店舗を閉鎖。サイトはイギリスのサイト会社が買収…と、あっという間に転落しています。
近年のネット中心のビジネスはとにかく移り変わりが早いので、今回のようにドラマが現実に追いつかない場合があり、純粋なサクセスストーリーを描くのは難しいですね…。

ちょっと前の過去のサクセス・ストーリーを描く今回のドラマが、この現状とシンクロ出来ているのか気になります(ドラマの企画立ち上げ時期を考えると、すでにナスティ・ギャルの崩壊は予見できたはず)。また、クリスティアン・ディッター、ケイ・キャノンと、最近ヒットを飛ばしているキューティー映画の作り手が組んでいるところにも注目です。

「Girlboss」はNetflixで4月21日から配信開始です。日本でも同時配信が行われると思われます。
(追記:日本でも同時配信されます。予告編を日本語字幕版に差し替えました)

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です