Home 海外版予告編 末期癌の女の子が自分の葬儀を準備する『Getting Grace』予告編

末期癌の女の子が自分の葬儀を準備する『Getting Grace』予告編

末期癌の女の子が自分の葬儀を準備する『Getting Grace』予告編
0

末期癌のティーンが自分の葬式を葬儀屋に依頼する『Getting Grace』の予告編をご紹介。


末期癌のティーン、グレース(マデリン・ダンドン)は自分の葬儀を葬儀屋のビル(ダニエル・ローバック)に依頼しますが、彼女の計画はビルを驚かせるものばかり。そして彼女の死の準備は家族や周囲の人々に希望を与えていく…というお話です。

共演にマーシャ・ディエットリン、デュエイン・ウィテカー、ダナ・アッシュブルックほか。
監督・脚本はベテラン俳優のダニエル・ローバック。数々の有名ドラマに出演してきた彼の初監督作品です。共同脚本にジェフ・ルイス。

ティーンの女の子と葬儀屋の関係を中心に、女の子の母や病院の人々などを描くドラマです。末期癌のティーンと葬儀屋のおじさんの凸凹コンビの関係がこの映画の特色ですが、全く異なる2人のギャップを見せつつ、友情と擬似的な親子関係をどう描くかが鍵となります。
全米公開は2018年3月23日です。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.