Home 海外版予告編 ゾーイ・ドゥイッチ主演、大人を陥れて遊ぶ女子高生たちを描く『Flower』予告編第2弾

ゾーイ・ドゥイッチ主演、大人を陥れて遊ぶ女子高生たちを描く『Flower』予告編第2弾

ゾーイ・ドゥイッチ主演、大人を陥れて遊ぶ女子高生たちを描く『Flower』予告編第2弾
0

ゾーイ・ドゥイッチ主演、無鉄砲で小狡い若者たちを描く『Flower』の予告編の第2弾が公開されました。


ロサンゼルスに住む17歳のエリカ(ゾーイ・ドゥイッチ)は自由奔放な母親(キャスリン・ハーン)と太った彼氏(ティム・ハイデッカー)がイチャつくのを見るのが大嫌いです。その彼氏の息子のルーク(ジョーイ・モーガン)が精神障害の施設からでてきて彼女と行動を共にします。世の中に不満たっぷりな彼女は憂さ晴らしも兼ねてルークや友達たち(ディラン・ゲルラ、マヤ・エシェット)と売春を持ちかけその様子をビデオに撮って脅して大人たちからお金を巻き上げることを繰り返します。やがて高校の先生(アダム・スコット)をターゲットにし、彼を陥れようとして…というお話です。

監督・脚本は「New Girl ~ダサかわ女子と三銃士」で演出を担当していたマックス・ウィンクラー。共同脚本にマット・スパイサー。2人はユマ・サーマン主演『ウェディング・イブ 幸せになるためのいくつかの条件』で監督、プロデューサーのコンビでした。今回もほぼ同様の布陣です。

今どきのティーンの危険な遊びや生態を、ドライに描きつつちょっとコミカルなタッチに仕上げています。タフなティーン・ヒロイン像や、子どもが大人の作った社会規範を利用して悪さをするという内容など、このスタイルは特に最近流行りですね。

『Flower』の全米公開は2018年3月16日です。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.