Home 海外版予告編 互いに触れ合えない難病の2人を描く『Five Feet Apart』特報

互いに触れ合えない難病の2人を描く『Five Feet Apart』特報

互いに触れ合えない難病の2人を描く『Five Feet Apart』特報
0

ヘイリー・ルー・リチャードソン(『スウィート17モンスター』『スプリット』)とコール・スプラウス(「リバーデイル」ジャグヘッド)が共演する、互いに触れられないカップルの恋愛を描く『Five Feet Apart』の特報が公開されました。特報と言っても実質上の予告編です。


17歳のステラ(ヘイリー・ルー・リチャードソン)は嚢胞性線維症で入院しています。そのため人と触れ合うことができません。そんなステラは同じ病気のウィル(コール・スプラウス)と出会います。2人は恋に落ちますが、近づくことも触ることもできず…というお話です。

共演はモイセス・アリアス、キンバリー・エイベア・グレゴリー、エミリー・バルドーニ、パーミンダ・ナーグラ、ゲイリー・ウィークスほか。
監督は「ジェーン・ザ・ヴァージン」でヒロインの相手役ラファエルを演じているジャスティン・バルドーニ。彼はこれまでTV演出やドキュメントの監督をしてきています。長編映画は初監督です。
脚本はミッキー・ドートリーとトビアス・イアコニス。

ヘイリー・ルー・リチャードソン(『スウィート17モンスター』『スプリット』)、コール・スプラウス(「リバーデイル」ジャグヘッド)共演、互いに触れられないカップルの恋愛を描く『Five Feet Apart』の制作が...

「嚢胞性線維症」日本ではあまり馴染みがありませんが、白人系で発症する頻度が高い病気です。粘膜が弱いため生まれながらに身体が弱く、さらに分泌液が粘り気が強すぎるため痰などがすぐ溜まってしまい、様々な病気を発症してしまうため、感染を特に気をつけないといけない難病だそうです。

『きっと、星のせいじゃない。』路線の難病青春映画ですが、メインキャストの2人はそれぞれ青春映画・ドラマで人気となった注目株です。どれだけのファンを集めることができるでしょうか?
全米公開は2019年3月22日です。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.