Home 海外版予告編 メリッサ・マッカーシー主演、有名人の手紙を偽造をしていた女性ライターの実話『Can You Ever Forgive Me?』予告編

メリッサ・マッカーシー主演、有名人の手紙を偽造をしていた女性ライターの実話『Can You Ever Forgive Me?』予告編

メリッサ・マッカーシー主演、有名人の手紙を偽造をしていた女性ライターの実話『Can You Ever Forgive Me?』予告編
0

メリッサ・マッカーシー主演、有名人の手紙を偽造をしてコレクターに売りつけていた女性ライターを描く『Can You Ever Forgive Me?』の予告編が公開されました。


リー・イスラエル(メリッサ・マッカーシー)は有名人の伝記ライターと活動していましたが仕事が減って焦っていました。そんな彼女は1992年に有名人の手紙を偽造しコレクターに高値で売る商売を始めます。
最初は普通の偽造でしたが、そのうち彼女は有名人のサイン付きの手紙などが保管されている図書館から本物を盗み、偽造したものを図書館に戻すということを繰り返します。1年で彼女が偽造しただ書類は400通にも及びました。彼女は逮捕後「Can You Ever Forgive Me?」(許してくれますか?)というタイトルの本を出版します。その本が本作の原作となっています。

リチャード・E・グラント、ジェーン・カーティン、ドリー・ウェルズ、アンナ・ディーヴァー・スミス、ジェニファー・ウェストフェルトらが出演。
監督は『ミニー・ゲッツの秘密』マリエル・ヘラー。脚本は『おとなの恋には嘘がある』監督ニコール・ホロフセナー。

有名人の手紙偽造をしていた女性ライターの実話『Can You Ever Forgive Me?』がメリッサ・マッカーシー主演で映画化されます。その撮影がスタートしました。撮影風景の写真を紹介。『Can You Ever Forgive Me ?』...

メリッサ・マッカーシーがいつものコメディアンヌぶりを消して実在の人物を演じています。彼女の高い演技力(彼女が演じてきたキャラクターはワンパターンに見えて、声質や演技プランが全て違います)がドラマでどのように発揮されるかに注目です。

全米公開は2018年10月19日です。