Home 海外版予告編 クロエ・グレース・モレッツ主演、奇病に冒された女性の実話『Brain On Fire』予告編

クロエ・グレース・モレッツ主演、奇病に冒された女性の実話『Brain On Fire』予告編

クロエ・グレース・モレッツ主演、奇病に冒された女性の実話『Brain On Fire』予告編
0

Warning: file_get_contents(http://ecs.amazonaws.jp/onca/xml?AWSAccessKeyId=AKIAI53NBNJKIW2UAAVQ&AssociateTag=cue00-22&IdType=ASIN&ItemId=4047313971&Operation=ItemLookup&ResponseGroup=Medium%2COffers%2CImages%2CReviews&Service=AWSECommerceService&Timestamp=2017-06-22T16%3A38%3A33Z&Version=2011-08-01&Signature=7gwSMZIujdIusWMnP4gLzIeoo2YEVKdfcmcwlIby7Fo%3D): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 503 Service Unavailable in /home/onebilling/cuemovie.com/public_html/wp-content/plugins/wp-hamazon/includes/wp-hamazon-service-amazon.php on line 201

クロエ・グレース・モレッツ主演、謎の奇病に冒され、精神状態がおかしくなってしまうヒロインと周辺の人々を描く、実話が元の『Brain On Fire』予告編が公開されました。


大手新聞社のエディターとして活躍、恋人も出来て人生を謳歌していた24歳のスザンナ・カハランは、突然不眠や妄想さらに幻覚などに襲われるようになります。診察した医師からは一般的な精神・神経障害と見立てられますが、治療後も良くなるどころがどんどん悪化する一途で、色々な医師に診てもらうものの精神障害の病名が加わっていくだけ。症状はさらに悪化していき、しまいには家族や恋人にも罵詈雑言を浴びせるようになり、周囲を疲労困憊させていきます。
1年前に学会で報告されたばかりの新しい症例「抗NMDA受容体脳炎」を疑った医師の尽力で、彼女は抗NMDA受容体脳炎と診断され、1億円近い治療費を支払いながら社会復帰するまでに回復します。彼女はそんな自らの体験を本にします。その原作を元にシャーリーズ・セロンの製作会社によって企画・製作されたのが本作『Brain On Fire』です。
原作「Brain On Fire: My Month Of Madness」は日本では「脳に棲む魔物」という邦題で出版されています。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。


両親役をリチャード・アーミティッジとキャリー=アン・モス、彼氏役をトーマス・マン、会社関係者をジェニー・スレイト、タイラー・ペリーらが演じています。
監督・脚本はジェラード・バレット。
公開は、今年中にネットフリックスで公開を予定しています。現時点ではネットフリックスから配信時期等は発表されていません。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です