Home 海外版予告編 『ボヘミアン・ラプソディ』予告編

『ボヘミアン・ラプソディ』予告編

『ボヘミアン・ラプソディ』予告編
0

クイーンのボーカル、フレディ・マーキュリーをラミ・マレックが演じる『ボヘミアン・ラプソディ』の予告編が公開されました。


予告編は、クイーンの名曲たちが生まれるメイキングシーンを次々に見せます。
映画のクライマックスは1985年に行われたライブ・エイドでの伝説的な復活パフォーマンスとなります。比較的新しい時代のことですからリアルタイムに見ていた人も多く(筆者もその1人)、当時のライブ映像も残っています(筆者は日本での生放送、国内放送録画版(貴重!)、海外放送録画版、正規発売DVD…と一応全パターン見ています。いわばライブ・エイド・マニアです(笑))から、本物との比較が用意です。
当時落ち目だったクイーンの健在ぶりを見せつける強烈なパフォーマンスで、あの8万人にも及ぶウェンブリー・スタジアムの観客の熱気と大規模ライブの再現が、どこまで出来るのか注目です。

監督は、クビになったのに全米映画協会の規定で名前が載るだけのブライアン・シンガー。彼はこの作品に間してほとんど何もしていません。実質の監督は撮影監督ニュートン・トーマス・サイジェルと、ブライアン・シンガーがクビになった後に残りの撮影を指揮した『サンシャイン/歌声が響く街』デクスター・フレッチャーです。
脚本は『博士と彼女のセオリー』アンソニー・マッカーテン。

クイーンのメンバーは、ギターのブライアン・メイ役にグウィリム・リー、ドラムのロジャー・テイラー役にベン・ハーディ、ベースのジョン・ディーコン役にジョゼフ・マゼロ。
元恋人のメアリー・オースティン役にルーシー・ボーイントン、同性愛者の恋人ジム・ハットンをアーロン・マカスカー。

全米公開は2018年11月2日、日本公開は11月9日です。