Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/onebilling/cuemovie.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Home 海外版予告編 ハリー・スタイルズが主人公のモデルである同人小説の映画化『After』の予告編

ハリー・スタイルズが主人公のモデルである同人小説の映画化『After』の予告編

ハリー・スタイルズが主人公のモデルである同人小説の映画化『After』の予告編
0

ワン・ダイレクション在籍時のハリー・スタイルズの熱烈なファンが書いたファンフィク(同人)小説の映画化『After』の予告編が公開されました。


テッサ(ジョセフィン・ラングフォード)は真面目で優等生の女子大生。そんな彼女が、刺青ありのちょいワル影ありイケメン男子学生ハーディン(ヒーロー・ファインズ=ティフィン)と出会い、彼に惹かれていくうちにこれまで知らなかった官能的でダークな世界を知っていく…というお話です。

出演は他に、ピーター・ギャラガー、ジェニファー・ビールス、セルマ・ブレア、シェイン・ポール・マッギーなどが出演。
監督は長編劇場用映画初監督のジェニー・ゲージ。脚本はスーザン・マクマーティン、タマラ・チェスナ(Tamara Chestna)。

ワン・ダイレクションに在籍していたハリー・スタイルズの熱狂的なファンであるアンナ・トッドという主婦が、ハリーをモデルにしたファンフィク(同人)小説をネット上に投稿したのが本作のきっかけです。ワン・ダイレクションの他のメンバーをモデルにしたキャラクターも劇中に登場するなど、同人小説としてサービス満点なのが受けて出版化、そして映画化となりました。

特報が公開されており、ある程度の官能的なテイストはわかっていましたが、今回の予告編では、ストーリーの流れに沿って、よりヒロインのテッサに焦点が当てられています。

ワン・ダイレクション時代のハリー・スタイルズの熱烈なファンが書いたファンフィク(同人)小説の映画化『After』の特報が公開されました。テッサ(ジョセフィン・ラングフォード)は真面目で優等生の18歳女子大...

テッサを演じるジョセフィン・ラングフォードは、「13の理由」でブレイクしたキャサリン・ラングフォードのお姉さんです。これまでB級ホラー映画などに出演していてゴージャス系の美人なのですが、本作では内気で真面目なヒロインを演じます。

『トワイライト』好きの主婦が描いたファンフィクSM小説の映画化が大成功した「フィフティ・シェイズ」シリーズの後を継ぐ作品となることが期待されていますが、「フィフティ・シェイズ」シリーズとの絶対的な違いは、小説の人気を牽引するキャラクターが実在の人物、ハリー・スタイルズであるということです。映像化することでハリー・スタイルズをモデルにしたキャラクターが、ヒーロー・ファインズ=ティフィンが演じる別のキャラクターになるわけですから、従来からのファンがそこをどう捉えるか注目です。

全米公開は2019年4月12日です。