Home 海外版予告編 アイパッチの女性ジャーナリスト、メリー・コルビン伝記映画『A Private War』予告編

アイパッチの女性ジャーナリスト、メリー・コルビン伝記映画『A Private War』予告編

アイパッチの女性ジャーナリスト、メリー・コルビン伝記映画『A Private War』予告編
0

片目を失明しPTSDを患いながらも世界各地の紛争をレポートし続けた女性ジャーナリスト、メリー・コルビンをロザムンド・パイクが演じる伝記映画『A Private War』の予告編が公開されました。


メリー・コルビンはアメリカ人ジャーナリストとして数々の紛争地域を取材。2001年のスリランカ内戦の取材時に手榴弾の破片で左目を失いPTSDに。しかし彼女はあえて紛争地域に向かい取材を続けることでPTSDを克服していきます。左目の失明後付けるようになったアイパッチは彼女のトレードマークとなっていました。
そして2012年にシリア紛争を取材中、シリア反体制派の拠点があるホムス地区で外国人記者たちの待機所が砲撃を受け、逃げるために靴を取りに行った彼女は砲撃で崩壊した建物の下敷きとなって死亡しました。

メリーの最後のときに一緒にいたイギリス人の戦場カメラマンのポール・コンロイ役にジェイミー・ドーナン、その他トム・ホランダー、スタンリー・トゥッチが出演。
監督はドキュメント映画『カルテル・ランド』マシュー・ハイネマン。脚本は『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』アラッシュ・アメル。

当初、メリー・コルビンはシャーリーズ・セロンが演じる予定でした。彼女はプロデューサーとして名前を連ねています。

2018年11月2日からニューヨークとロサンゼルスでまずは限定公開されたあと、11月16日から拡大公開されます。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.