Home Tag "トランスジェンダー"

クリステン・スチュワート主演『JT Leroy』にダイアン・クルーガーが出演。(クリステンの最新姿写真あり)

「12歳から女装して男娼をしていた」という自伝でセレブに持ち上げられ、後にそれがウソであるだけでなく、作者も偽物だったことが発覚して90年代に大騒ぎになったJ.T.リロイの騒動を描く、クリステン・スチュワート主演『JT Leroy』に、ダイアン・クルーガー(『マリー・アントワネットに別れをつげて』『...続く

『3 Generations(元邦題:アバウト・レイ 16歳の決断)』のレーティングがRからPG-13に

エル・ファニングがトランスジェンダーを演じた『3 Generations(元邦題:アバウト・レイ 16歳の決断)』が、実質上ティーンが観れないR指定を受けたことに対して、配給のワインスタイン・カンパニーはPG-13に引き下げるよう求めてきましたが、全米公開1週間前にそれが実現しました。

“J.T.リロイ”こと「サラ、神に背いた少年」著者 ローラ・アルバート インタビュー

『作家、本当のJ.T.リロイ』は、90年代にアメリカのセレブ界を巻き込んで大騒ぎとなった、架空作家J.T.リロイ捏造事件の張本人、女性作家ローラ・アルバートのインタビューを中心に、当時の関係者の証言や資料をもとにしたドキュメント映画です。架空作家J.T.リロイが書いた設定の「サラ、神に背いた少年」著...続く

センセーショナルなウソの経歴で世間を騒がせた偽作家騒動を描く『JT Leroy』にローラ・ダーン出演か?

「12歳から女装して男娼をしていた」という自伝でセレブに持ち上げられ、後にそれがウソであるだけでなく、作者も偽物だったことが発覚して大騒ぎになったJ.T.リロイの騒動を描く、クリステン・スチュワート主演『JT Leroy』で、J.T.リロイを創造した実の作家ローラ・アルバート役の候補にローラ・ダーン...続く

『アバウト・レイ 16歳の決断』が『Three Generations』と改題されて5月に全米公開されることに

エル・ファニングがトランスジェンダーを演じ、母役ナオミ・ワッツ、祖母役スーザン・サランドンによる三世代の家族を描く『About Ray(邦題:アバウト・レイ 16歳の決断)』が『Three Generations』と改題されて5月19日に全米公開されることがわかりました。