iPhoneの次は35mmで撮影『The Florida Project』全米公開大ヒットスタート

全編iPhoneでの撮影が話題となった『タンジェリン』ショーン・ベイカー監督最新作、今度は全編35mmフィルムで撮影された『The Florida Project』が、現地時間10月8日に全米4館で公開を開始しました。週末興行成績は非常に高いスクリーン・アベレージとなり好スタートを切りました。

『きっと、星のせいじゃない。』のボリウッド・リメイク、監督と男性メインキャストが決定

シャイリーン・ウッドリーとアンセル・エルゴートが共演、2014年に全米で公開され(日本公開は2015年)、特大ヒットを記録した『きっと、星のせいじゃない。』がボリウッド・リメイクで、アンセル・エルゴートが演じたオーガスタスをスシャント・シン・ラージプート(『PK』)が演じることがわかりました。

ユニバーサル・ピクチャーズ、ビル・コンドン監督『フランケンシュタインの花嫁』リメイク企画の制作・公開を延期

ユニバーサル・ピクチャーズによる、往年のモンスター映画のリメイク・シリーズ企画「ダーク・ユニバース」はトム・クルーズ主演『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』からスタートしました。次回作は『美女と野獣』ビル・コンドン監督の『フランケンシュタインの花嫁』でしたが、制作・公開が延期になりました。

エル・ファニングがトランスジェンダーを演じ、ナオミ・ワッツ、スーザン・サランドが共演『アバウト・レイ 16歳の決断』2018年2月3日公開決定

一度は公開が2016年1月に決まっていたものの、アメリカでの度重なる公開延期の影響で日本での公開が延期となっていた、エル・ファニングがトランスジェンダーを演じ、ナオミ・ワッツ、スーザン・サランドが共演した『アバウト・レイ 16歳の決断』(原題:3 Generations)の公開が2018年2月3日に...続く