Home 海外NEWS 「ティーン・ビーチ・ムービー」スタッフがミュージカル「Zombie Prom」を映画化

「ティーン・ビーチ・ムービー」スタッフがミュージカル「Zombie Prom」を映画化

「ティーン・ビーチ・ムービー」スタッフがミュージカル「Zombie Prom」を映画化
0

古き良きアメリカをオマージュしたオフ・ブロードウェイ・ミュージカル「Zombie Prom」の映画化が立ち上がりました。ディズニー・チャンネルの大ヒットTV映画「ティーン・ビーチ・ムービー」のメインスタッフが手がけます。


「Zombie Prom」は1950年代のハイスクールが舞台。不良のジョニーとトフィーはひょんなことで出会い恋仲になりますが、ジョニーが原子炉に落ちてゾンビになってしまいます。ゾンビになったジョニーにトフィーは拒絶するのですが、ジョニーはトフィーにアプローチを続け、そんなジョニーにトフィーも恋が最熱。そして2人はプロムへ…というお話です。

1950年代の、古き良きのんびりしたゾンビ・モンスター映画やミュージカルをオマージュした「Zombie Prom」(だいたいゾンビのキャラは顔を緑色に塗った『マスク』みたいな感じで血や傷が一切ありませんし(笑))は、1993年にオフ・ブロードウェイでミュージカルとして公演され、それ以来人気のミュージカルとして今も演じられています。

そのミュージカルの映像化企画が立ち上がりました。
「ティーン・ビーチ・ムービー」の脚本を手がけたヴィンス・マルセロ&マーク・ランドリーが脚本を担当。ヴィンス・マルチェロは監督も務めることになると思われます。

というのが、2006年、ヴィンス・マルセロは36分程の短編映画「Zombie Prom」を監督・映像化しています。
1950年を舞台に、当時のミュージカルをリスペクトした歌・踊り・ファッション、コミカルなテイストにちょっとSFが入ったお話はのちの「ティーン・ビーチ・ムービー」を連想させます。

これが短編「Zombie Prom」です。ミュージカルシーンも楽しいですし、場面転換にコミックのコマを実写に組み込むなど演出も面白い。とてもキューティー映画してます。

「Zombie Prom」が映画になるかTV映画になるかは現時点では不明です。近年キューティー映画はTV映画として作られることが多いですから、もしかするとディズニー・チャンネルのスター出演によるTV映画…なんていうこともあるかもしれませんね。
続報を待ちたいと思います。