Home 海外NEWS アカデミー賞の声が高いリース・ウィザースプーン主演『Wild』全米公開開始!

アカデミー賞の声が高いリース・ウィザースプーン主演『Wild』全米公開開始!

アカデミー賞の声が高いリース・ウィザースプーン主演『Wild』全米公開開始!
0

wild-opening_00どん底の人生をやり直すためにパシフィック・クレスト・トレイルを1700km歩いた女性の自叙伝を映画化したリース・ウィザースプーン主演『Wild』が2014年12月5日に全米21館で公開が始まりました。


当サイトではこの映画の企画時から情報を追っかけてきました。
リース・ウィザースプーン主演『Wild』全米公開日決定。劇中写真も公開!

パシフィック・クレスト・トレイルとは、メキシコからカナダまで続く、南北を横断するアメリカ3大長距離自然歩道のひとつです。全て歩くと6000kmにも達します。それを何ヶ月もかけて歩ききろうと挑戦をする人たちがいます。登山のようなものですね。
シェリル・ストレイドという女性が26歳の時、母の死、離婚など、どん底の人生をやり直すためにこのパシフィック・クレスト・トレイルを1700km歩いた時の体験記が原作です。

監督は『ダラス・バイヤーズクラブ』のジャン=マルク・ヴァレ。この映画でのリースの演技は非常に評判がよく、アカデミー賞主演女優賞ノミネートは確実と言われています。

12月5日から21館の限定公開でスタートした『Wild』は、週末興収で63万ドルを記録。週末興収の総合チャートで15位にランクインしました。今週末は、今年最低の興行成績だったそうですから、その中では非常に健闘しています。今後、『Wild』は来週には100館前後、さらにクリスマスには全米で900館まで拡大公開を予定しています。

リース・ウィザースプーンはキューティー映画の代名詞のような女優さんですが、『キューティ・ブロンド』とは異なる21世紀の理想の女性像を描くことになるのでしょうか?
『Wild』は日本での公開も予定されています。アカデミー賞を受賞して公開されることを期待したいですね。