Home 海外NEWS 『ウィキッド』映画化&公開日&監督決定

『ウィキッド』映画化&公開日&監督決定

『ウィキッド』映画化&公開日&監督決定
0

ブロードウェイ・ミュージカルで最も映画化を期待されていた『ウィキッド』の映画化と公開予定日、そして主要スタッフが、正式にユニバーサル・ピクチャーズから発表されました。


『ウィキッド』は、悪い魔女側の視点で描かれるもう一つの「オズの魔法使い」です。緑色の肌の西の悪い魔女エルファバと金髪の南の良い魔女グリンダとの過去の友情や恋の三角関係を描きます。

2003年の初演時にはエルファバ役をイディナ・メンゼル(『アナと雪の女王』)が、グリンダ役をクリスティン・チェノウェス(『ディセンダンツ』「Glee/グリー」)がそれそれ演じ大ヒットを記録。トニー賞など数々の賞を受賞し、現在でも世界各地でロングラン公演中です。日本でも劇団四季によって公演が行われています。
(当サイトでは日本語読みタイトルとして「ウィケッド」ではなく劇団四季版のタイトル「ウィキッド」を使用しています。)

元々原作である「オズの魔女記」の権利を所有していたユニバーサル・ピクチャーがミュージカル版の製作をしていたことから、映画化が何度も企画され噂になっていました。今回やっと正式に決定。
監督は『リトル・ダンサー』『めぐりあう時間たち』のスティーブン・ダルドリーのほかに、脚本のウィニー・ホルツマン、音楽のスティーブン・シュワルツとオリジナル舞台版のメンバーが参加しています。

キャスティングはまだ発表されていません。当然のイディナ・メンゼルとクリスティン・チェノウェスの出演が期待されますが、イディナは最近インタビューで、映画化の際に自身がエルファバ役を演じることに関して、キャラクターの年齢などを考えて否定的な発言をしています。ただ、クリスティン・チェノウェス共々、何らかの形で出演することになるのではないかと予想しますが…

全米公開は2019年12月20日を予定しています。