Home 海外NEWS ホイットニー・ヒューストンのオフィシャル・ドキュメント映画が制作されることに

ホイットニー・ヒューストンのオフィシャル・ドキュメント映画が制作されることに

ホイットニー・ヒューストンのオフィシャル・ドキュメント映画が制作されることに
0

whitney-houston-official-doc_00ホイットニー・ヒューストンのオフィシャルなドキュメント映画が、アカデミー長編ドキュメンタリー映画賞を受賞したケヴィン・マクドナルド監督によって作られれます。これからカンヌ映画祭などで世界に向けて配給権の販売などが行われます。


ケヴィン・マクドナルド監督はアカデミー長編ドキュメンタリー映画賞作品『ブラック・セプテンバー/五輪テロの真実』、『ボブ・マーリー/ルーツ・オブ・レジェンド』など数々のドキュメント映画から、『ブラック・シー』『ラストキング・オブ・スコットランド』など硬派な作品、さらに『わたしは生きていける』というYA小説原作のキューティー映画まで撮っていますが、やはりドキュメント映画の人という印象は強く、今回の企画では適任です。

これまでホイットニー・ヒューストンに関しては米TVで伝記映画が作られたり、ドキュメントが企画されたりしていましたが、今回は唯一となるオフィシャルなドキュメント映画ということで企画・製作されています。すでに家族や関係者などへのインタビューが行われており、彼女の栄光の軌跡が描かれると同時に、結婚後ドラッグ漬けになり転落していく様も描かれます。秘蔵映像も公開される予定です。

ホイットニー・ヒューストンのドキュメント映画が制作されることに
ホイットニー・ヒューストン伝記TV映画『Whitney』予告編!

今回のドキュメント映画はまだタイトルが未定ですが、すでに2017年イギリスでの公開が決定しています。
2011年にアルコールの過剰摂取で亡くなった女性歌手エイミー・ワインハウスの人生を描いたイギリス産ドキュメント映画『Amy エイミー』(日本公開7月16日)が大ヒットしイギリスでドキュメント映画の興行記録を塗り替え、さらに本年度のアカデミー長編ドキュメント映画賞を受賞したこともあり、本作も興行面で大きな期待が寄せられることは必至です。

ホイットニー・ヒューストンは栄光と挫折の両面で描くべきことが非常に多いので、ドキュメント映画の巨匠が、それをどういう風にまとめられるか注目です。