Home 海外NEWS ホイットニー・カミングス、監督・脚本・主演作『The Female Brain』

ホイットニー・カミングス、監督・脚本・主演作『The Female Brain』

ホイットニー・カミングス、監督・脚本・主演作『The Female Brain』
0

人気コメディアンヌのホイットニー・カミングスが監督・脚本・主演を務める、男女の関係を神経学の視点からとらえた書籍を原作とする『The Female Brain』の制作が決定しました。


『The Female Brain』は、男女関係を調べる神経学実験の被験者となるカップルを中心に物語を描きます。

これは精神神経医学者のローアン ブリゼンディーンが書いた同名書籍を元にドラマ化するものです。原案書籍は邦題「女は人生で三度、生まれ変わる―脳の変化でみる女の一生」で出版されています。

AWS Access Key ID: AKIAJ4DRULXXDBTKPFRQ. You are submitting requests too quickly. Please retry your requests at a slower rate.

ホイットニー・カミングスが監督・脚本・主演をつとめる他、共同脚本にコメディアンのニール・ブレナン。
イメージ的にはコメディアンヌのティナ・フェイが、全米の学校のイジメ問題の報告書を元にドラマを創作した『ミーン・ガールズ』に近いと思われます。

ホイットニー・カミングスは「NYボンビー・ガール」や、自身の名を冠にした「Whitney」など人気TVシリーズを企画・制作、さらに『ベストマン シャイな花婿と壮大なる悪夢の2週間』『近距離恋愛』などに女優として出演するなど、アメリカでは実力・人気のあるコメディアンヌです。

『The Female Brain』の撮影は7月から開始予定です。