Home 海外NEWS 『トイ・ストーリー4』の進捗状況はほぼ0状態に

『トイ・ストーリー4』の進捗状況はほぼ0状態に

『トイ・ストーリー4』の進捗状況はほぼ0状態に
0

ラシダ・ジョーンズ&ウィル・マコーマックの脚本コンビの離脱、ジョン・ラセターのセクハラ問題、と制作が難航している『トイ・ストーリー4』、その進捗状況をボー・ピープ役アニー・ポッツが語りました。


『トイ・ストーリー4』はウッディと電気スタンド飾りの羊飼いの女の子ボー・ピープを中心としたラブロマンス的な展開になると言われていました。そのためラシダ・ジョーンズとウィル・マコーマックの『セレステ∞ジェシー』脚本コンビが脚本に参加。

しかしラシダ・ジョーンズとウィル・マコーマックが、ピクサーの多様性に対応出来ない社風に見切りをつけて脚本を降板、続けてジョン・ラセターはセクハラ問題が発覚して休職。若手女流脚本家ステファニー・フォルサムが参加し制作は続行されており、全米公開日は2019年6月21日に設定されました。

ジョン・ラセターのセクハラ問題などで完成が大幅に遅れ、何度も全米公開日が変更となっている『トイ・ストーリー4』。その公開日がやっと確定したようです。『トイ・ストーリー4』はウッディと電気スタンド飾り...

しかし、ポー・ピープの声を演じているアニー・ポッツが最近のインタビューで答えたところによると、現在、脚本の3/4が書き直されている状態で、もしかすると当初の予定のお話が全く変わってしまい、またもやポー・ピープが登場しないお話になる可能性もあるようです。

まず、ここまで来て、大幅なストーリー変更があるとは思えません。しかしこの調子で予定通り、来年の公開に間に合わせられるとも思えません。
強行スケジュールで予定通りにいくのか、またもや公開を延期させるのかという点については、ピクサーの最重要作品なだけに、スケジュールに合わせた突貫的な制作はしないと思われます。そうなると再延期もありえます。