Home 海外NEWS クロエ・グレース・モレッツが『人魚姫』に!

クロエ・グレース・モレッツが『人魚姫』に!

クロエ・グレース・モレッツが『人魚姫』に!
0

the-little-mermaid-chloe-grace-moretz_00ユニバーサルとワーキング・タイトル・ピクチャーが企画開発中の『人魚姫(原題: The Little Mermaid)』の人魚姫役にクロエ・グレース・モレッツが選ばれました。


アンデルセンの原作を元にした『人魚姫』の映画化企画は、当初『アンナ・カレーニナ』のジョー・ライトが監督する方向で企画が進められていました。その後、監督はソフィア・コッポラになりますが、有名女優を人魚姫役にしたい製作側と無名か新人女優でキャスティングしたいソフィア・コッポラとの間で意見が分かれ、最終的にソフィア・コッポラも降板しています。
ソフィア・コッポラが推していたのはウマ・サーマンとイーサン・ホークの娘、マヤ・サーマン・ホークでした。

ソフィア・コッポラ『人魚姫』企画を降板

脚本は『ウォルト・ディズニーの約束』のケリー・マーセル、『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』のアビ・モーガン、さらに『シザーハンズ』『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』『コープスブライド』のキャロライン・トンプソンらが執筆し、最終的には『ノッティングヒルの恋人』脚本、『ラブ・アクチュアリー』『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』では監督も兼任したリチャード・カーティスが脚本を書き上げています。

原作のテーマ、リチャード・カーティスが脚本を担当したことから、上質なキューティー映画になることはこの時点で確実です。
まだ監督は未定ですが、製作側の考え通り、人気女優で主演作も目白押しのクロエ・グレース・モレッツが人魚姫にキャスティングされれば大きな話題作となります。今後の企画の推移が楽しみです。