Home 海外NEWS 『ティーン・ビーチ2』のプレミア放送での視聴数発表!

『ティーン・ビーチ2』のプレミア放送での視聴数発表!

『ティーン・ビーチ2』のプレミア放送での視聴数発表!
0

2013年に大ヒットしたディズニーのTV映画『ティーン・ビーチ・ムービー』。人気のロス・リンチを中心に、マイア・ミッチェル、グレイス・フィップス、ギャレット・クレイトンら若手が出演し大ヒットを記録しました。そして続編『ティーン・ビーチ2』が現地時間6月26日(金)の20時にプレミア放送され、その視聴数が発表されました。


『ティーン・ビーチ・ムービー』プレミア放映の視聴数がHSMを上回る結果に

現地時間6月26日(金)の20時〜の『ティーン・ビーチ2』プレミア放送では580万人が視聴しました。前作に比べると約30%ダウン(『ティーン・ビーチ・ムービー』は840万人)です。
同日に番組録画を見た人を含むと750万人となります。週末のアンコール放送を含むと3日間でのべ1330万人が視聴しました。

録画を含めた視聴数750万人のうち、600万人近くがキッズ(6〜11歳)+トゥイーンズ(9〜14歳)の層で占められました。この層の高視聴数は前作『ティーン・ビーチ・ムービー』以来の記録です。ちゃんと想定した客層に届いていますね。

視聴数はダウンしていますが、人気が落ちた結果の数字ではありません。視聴方法の変化によるものです。

米ディズニーチャンネルは今年からiOS、アンドロイド向けアプリなどに登録すると、プレミア放送の1週間前に本編が視聴できるサービスを行っています。こちらのサービスで視聴したユーザーが84万人以上います。
もはやTVだけで視聴する時代ではないということもあり、これまでの算出方法では正確な視聴数を出すのが難しいと思います。

日本でのディズニー・チャンネルの放送は7月25日(土)19:30〜です。
また、本作のプロモーションのために、ヒロインのマイア・ミッチェルが7月に来日することも発表されています。

個人的には前作よりオススメです。続編タイトルが『ティーンビーチ・ムービー2』ではなく『ティーン・ビーチ2』であるところが、今回のポイントかと。歌が今回どれもいいですし、ダンスシーンの演出やアイディアがホント、素晴らしい。
大人の鑑賞に耐えうる、ちょっとほろ苦くて切ないお話になっています。