Home 海外NEWS レスリー・ホープ、キューティー映画『The Swearing Jar』で劇場映画監督デビュー

レスリー・ホープ、キューティー映画『The Swearing Jar』で劇場映画監督デビュー

レスリー・ホープ、キューティー映画『The Swearing Jar』で劇場映画監督デビュー
0

ベテラン女優レスリー・ホープ(「24 TWENTY FOUR」ジャック・バウアーの妻役、「メンタリスト」「NCIS~ネイビー犯罪捜査班」)がキューティー映画『The Swearing Jar』で初監督を務めます。


結婚13年目の夫婦、妻のキャリーは夫サイモンの誕生日を友達や義母たちと祝っていました。彼女は自作の歌でお祝いします。歌と共に妊娠、結婚、出会い…時系列が同時に描かれます。

本作は女優のケイト・ヒューレットによる、自身が主演する戯曲が原作です。
レスリー・ホープはテレビドラマを中心に活躍してきましたが、これまでにTVシリーズの演出やテレビ映画の監督を務めています。劇場用長編の監督は初となります。
撮影は今年の後半からレスリー・ホープの地元であるカナダで行われます。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です