Home 海外NEWS ルカ・グァダニーノ監督によるリメイク版『サスペリア』は出演者が女優のみ?

ルカ・グァダニーノ監督によるリメイク版『サスペリア』は出演者が女優のみ?

ルカ・グァダニーノ監督によるリメイク版『サスペリア』は出演者が女優のみ?
0

ダコタ・ジョンソン主演、ミア・ゴス、ティルダ・スウィントン、クロエ・グレース・モレッツらが共演する、リメイク版『サスペリア』は全貌が未だ明らかになりませんが、これまでの関係者たちのインタビューなどからある程度、そのイメージが見えてきました。


『サスペリア』は、アメリカからドイツのバレエ名門校にやってきたヒロイン、スージーを主人公に、寄宿舎で起こる奇怪な現象や殺人を描いていきます。イタリアのホラー・サスペンス映画の巨匠ダリオ・アルジェントによる独特の様式美で構築された、1977年公開のイタリア・ホラー映画です。

リメイク版はヒロインのスージーをダコタ・ジョンソン、ミア・ゴス、クロエ・グレース・モレッツ、ティルダ・スウィントンらが出演。オリジナル版のヒロインを演じていたジェシカ・ハーパーもカメオ出演します。

監督に『胸騒ぎのシチリア』『ミラノ、愛に生きる』ルカ・グァダニーノ。脚本に『胸騒ぎのシチリア』デヴィッド・カイガニック。
音楽をレディオヘッドのトム・ヨークが担当します。

撮影はすでに終了しており、現在ポスト・プロダクションの最中とのこと。公開時期は未定です。

リメイク版『サスペリア』ダコタ・ジョンソンのスージー姿
ダコタ・ジョンソン主演、ミア・ゴス、ティルダ・スウィントン、クロエ・グレース・モレッツらが共演するリメイク版『サスペリア』から、ダコタ・ジョンソン扮するヒロイン、スージーの姿です。『サスペリア』は...

ルカ・グァダニーノ監督は、ティモテ・シャラメとアーミー・ハマーが共演する、バイセクシャルの若者2人のひと夏の恋を描いた『Call Me By Your Name』の全米公開を11月24日に控えています。すでに映画祭などで上映されていて非常に好評です。賞レースに関わるのではないかとも言われています。『Call Me By Your Name』の好評価により、『サスペリア』のリメイク版への注目度も以前にも増して高まっています。

監督自身は今回のリメイク版を「自分がオリジナル版を観た時の経験・感覚を再分析した上で出来上がった、とても個人的な感覚による作品」と評しています。また出演したティルダ・スウィントンは「同じストーリーなのに、リメイクではなく全く新しい『サスペリア』になっている。」という発言をしています。

その発言を裏付けるかどうかはわかりませんが、今回のリメイク版は「出演者が女優のみ」という噂があります。劇中に男性キャラクターが出てきても、それは女優が特殊メイクなどで演じているというのです。確かにティルダ・スウィントンは初老の紳士を演じていますし、もし噂が本当ならこの仕掛けはなかなか興味深いです。

『サスペリア』リメイク版に出演するティルダ・スウィントンの意外な役
ダコタ・ジョンソン、ミア・ゴス、クロエ・グレース・モレッツ出演でリメイクされる『サスペリア』に出演するティルダ・スウィントンの役が意外であることが撮影風景の写真からわかりました。『サスペリア』は、...

いずれにせよ、今回の『サスペリア』がどんな風にリメイクされているかとても気になります。早く映像が見たいものです。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です