Home 海外NEWS スポーツバーで働く女の子たちの友情を描く『Support the Girls』

スポーツバーで働く女の子たちの友情を描く『Support the Girls』

スポーツバーで働く女の子たちの友情を描く『Support the Girls』
0

スポーツバーで働く女の子たちの友情を描く『Support the Girls』が今週開催されるSXSWでプレミア上映されます。北米配給も決定しました。


スポーツバーのマネージャー、リサ(レジーナ・ホール)は仕事に愛情は持てないものの、従業員の女の子たちを家族のように大事に思っていました。しかしリサが、彼氏からのDVで裁判沙汰になってお金に困っていた従業員の女の子のために、店の売上を使っていたことを知ったオーナー(ジェームズ・レグロス)は彼女をクビに。そこで従業員の女の子たちは、抗議の意味を込めて全員でお店をボイコットしようとする…というお話です。

ヘイリー・ルー・リチャードソン(『スウィート17モンスター』)、ジャングルプッシーこと、シャイナ・マクヘイル(Shayna McHayle)、ブルックリン・デッカー(『恋愛だけじゃダメかしら?』)、ジャナ・クレイマー(「One Tree Hill」)、ディラン・ゲルラ、AJ・ミシャルカ、リー・デラリアらが出演。
監督・脚本は『成果』アンドリュー・ブジャルスキー。

映画の公式スチールを見ると女性店員達は実在するスポーツバー、フーターズをモデルにしたセクシー系ですから、そこから描かれるお話もだいたい想像がつきます。タイトルがストレートに物語っていますし。
プロットを読んだ時、ニューヨークのクラブを舞台にした女性バーテンダーたちの友情物語というサブテーマを持っていた『コヨーテ・アグリー』をちょっと思い出しました。

配給のマグノリア・ピクチャーズは2018年後半に全米公開を予定しています。