Home 海外NEWS 『トワイライト』短編映画プロジェクトに参加しよう!ただいまキャラクター投票中(現地時間19日まで)

『トワイライト』短編映画プロジェクトに参加しよう!ただいまキャラクター投票中(現地時間19日まで)

『トワイライト』短編映画プロジェクトに参加しよう!ただいまキャラクター投票中(現地時間19日まで)
1

storytellers-project_00「トワイライト・サーガ」の世界観を使った短編映画を、ファン参加のコンテスト形式で作っていくプロジェクト「The Storytellers:New Voices of the Twilight Saga」が11月11日から始まりました。現在、キャラクター投票実施中です。


「トワイライト・サーガ」短編映画プロジェクト始動!来年フェイスブックで公開

「The Storytellers:New Voices of the Twilight Saga」は、「トワイライト・サーガ」の世界観を使った、5人の女性クリエイターが作る短編映画からファン投票で優勝作品を選びます。
その過程は全てネットで公開され、ファンは投票などで参加できる仕組みになっています。

11月11日から動画広告クラウドソーシングサイトTongal(トンガル)に専用ページが開設され、一般参加の展開がはじまりました。

このプロジェクトは英語での展開が条件なので、英語必須ですが、英語が出来る方はぜひ参加を。簡単なユーザー登録をするだけで、プロジェクトに参加できます。(赤い「VOTE NOW」を押します)
トンガルの「The Storytellers: New Voices of The Twilight Saga」プロジェクトページ

現在、プロジェクト用のオリジナルキャラのプロフィールが20人公開されていて、その中から1人投票できるようになっています。「○」を押すと投票完了になりやり直しは効きません。注意してください。投票締め切りはアメリカ現地時間19日の正午までです。

プロジェクトの展開はいくつかの段階にわかれています。
1)ストーリーに登場するキャラクターを投票により決定(11/12-11/20)
2)投票で決定したキャラクターを使ってプロットを作成(11/21-12/04)
3)そのプロットを元に脚本制作(1/06-1/20)
4)監督の審査・選考(1/31-2/17)
5)短編制作(3/31-5/30)

ファンはこの各段階に応募と投票という形で参加します。

その他に、フェイスブックやタンブラーなど様々なSNSツールを使って、キャラのイラストやイメージやコスプレなどが上がっていき、ムーブメントとして拡散されていくことと思われます。この辺り、最近の海外の映画の宣伝も兼ねた仕掛け方は本当に巧い。
似たような展開では、80’sアニメの実写化キューティー映画『Jem and the Holograms』がありました。
80年代の女の子向けアニメ実写化企画で『ステップ・アップ』シリーズ監督ジョン・M・チュウ監督が新しい試み

さらにユーザーは投票以外に13歳以上の女性で、英語でのコミュニケーションが出来ればキャストやスタッフとして参加もできます。
映画にはイメージボードという画面をイメージするイラストが必要だったりしますから、日本からイラストが得意な人などがドシドシ参加すると面白いですね。あとはコミック化を提案するとか。

この短編の世界観として「エドワードとベラが出会う前の場所、時間の話であること」という規定がなされています。原作のファンフィク(同人)にならないようにするためでしょう。面白い規定です。

各応募要項はサイトに書いてあるので、よく読んでぜひ参加してみてください。cueの記事を読んで世界で活躍するキューティー映画クリエーター(勝手に名づけました(笑))が生まれることを期待します!

このプロジェクトの説明動画です。原作者のステファニー・メイヤー、のほか、選考委員のうち、クリステン・スチュワート、オクタヴィア・スペンサー、『アナと雪の女王』監督のジェニファー・リーが登場します。

トンガルの「The Storytellers: New Voices of The Twilight Saga」プロジェクトページ