Home 海外NEWS ディズニーの新配信サービスの目玉作品、YA小説原作『スターガール』主演にグレース・ヴァンダーウォール

ディズニーの新配信サービスの目玉作品、YA小説原作『スターガール』主演にグレース・ヴァンダーウォール

ディズニーの新配信サービスの目玉作品、YA小説原作『スターガール』主演にグレース・ヴァンダーウォール
0

2019年から開始されるディズニーの配信サービスで、配信される最初の作品の1つに選ばれている、YA小説が原作の『スターガール』の主演に、14歳の歌手、グレース・ヴァンダーウォールが選ばれました。


「スターガール」は、転校してきた風変わりな女の子”スターガール”に恋をしてしまった男の子の視点でお話が描かれます。奇抜なファッションで雨の中踊ったり、ウクレレを鳴らしたりする”スターガール”は学校の注目の的。フットボールの試合で目立ったことからチアガールに抜擢されるとチームは勝ち続けて彼女は人気者になります。しかし彼女が相手チームを応援して負けたことから、彼女は非難を受け一気に学校中から無視されてしまい…というお話です。

2000年にジェリー・スピネッリによって出版されました。

スターガール

スターガール書籍

作者ジェリー・スピネッリ

クリエーターJerry Spinelli, 千葉 茂樹

発行理論社

発売日2001-04

カテゴリー単行本

ページ数313

ISBN4652071973

Supported by amazon Product Advertising API


当初、このYA小説の映画化はクリスティン・ハーンの脚本をもとに、『マイ・ベスト・フレンド』『トワイライト 初恋』のキャサリン・ハードウィック監督、ヒロインのスターガール役にジョーイ・キング(『キスから始まるものがたり』)、主人公のレオ役にチャーリー・プラマー(『ゲティ家の身代金』)のキャスティングで企画開発が進められていました。
YA小説原作映画『スターガール』にジョーイ・キングとチャーリー・プラマーが出演
『トワイライト』キャサリン・ハードウィックが進めているYA小説原作映画『スターガール』に、『ラモーナのおきて』ジョーイ・キングと新しいスパイダーマンの最終候補まで残っていたチャーリー・プラマーが出演...

しかしこのキャスティングは全て白紙となりました。最終的には、ググ・ンバータ=ロー主演『Fast Color』を今年3月のSXSW映画祭で上映したばかりのジュリア・ハートが監督となっています。彼女は『Miss Stevens』という作品も撮っています。
生徒たちを演劇大会に引率するハメになった高校女教師を描く『Miss Stevens』予告編
TVドラマ「アメリカン・ホラー・ストーリー」で毎回異なる役を演じていたリリー・レープが、演劇大会に生徒たちを引率することになった先生役を演じる『Miss Stevens』の予告編が公開されました。リリー・レーブ...

スターガールに選ばれたグレース・ヴァンダーウォールは、オーディション番組「アメリカズ・ゴット・タレント」に12歳の時に優勝し、その後歌手として活躍中です。演技は今回が初となります。
彼女の最新シングル「Clearly」のMVです。

本作は、2019年から開始されるディズニーの配信サービスのスタート時のラインナップの1つに選ばれています。ディズニーの配信サービスはキューティー映画中心でファミリー向けを目指すので、本作はピッタリの内容です。
ディズニーが開始するストリーミング・サービスはキューティー映画天国?
ディズニーは2019年から新しいストリーミング・サービスを開始する予定です。その全貌が見えてきました。どうやらキューティー映画系作品が多く制作・公開されるようです。ディズニーが2019年から開始する予定の...

撮影は今年の9月から開始されます。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.