Home 海外NEWS YA小説「スターガール」を『トワイライト』キャサリン・ハードウィックが映画化

YA小説「スターガール」を『トワイライト』キャサリン・ハードウィックが映画化

YA小説「スターガール」を『トワイライト』キャサリン・ハードウィックが映画化
0

ジェリー・スピネッリ原作のYA小説、みんなと違う風変わりな女の子を描いた「スターガール」が、『トワイライト』キャサリン・ハードウィック監督によって映画化されるようです。


「スターガール」は、転校してきた風変わりな女の子”スターガール”に恋をしてしまった男の子の視点でお話が描かれます。奇抜なファッションで雨の中踊ったり、ウクレレを鳴らしたりする”スターガール”は学校の注目の的。フットボールの試合で目立ったことからチアガールに抜擢されるとチームは勝ち続けて彼女は人気者になります。しかし彼女が相手チームを応援して負けたことから、彼女は非難を受け一気に学校中から無視されてしまう…というお話です。

2000年に出版され、日本でも翻訳され出版されています。

AWS Access Key ID: AKIAJ4DRULXXDBTKPFRQ. You are submitting requests too quickly. Please retry your requests at a slower rate.


続編「ラブ、スター・ガール」もあります。

AWS Access Key ID: AKIAJ4DRULXXDBTKPFRQ. You are submitting requests too quickly. Please retry your requests at a slower rate.

これを『アラフォー女子のベイビー・プラン』やジェニファー・アニストンがシリアスな芝居で高評価だった『Cake ケーキ ~悲しみが通り過ぎるまで~』の女性プロデューサー、クリスティン・ハーンが企画用プロットを作成し企画開発をしています。
監督は『トワイライト 初恋』『赤ずきん』のキャサリン・ハードウィックが務める予定です。監督デビュー作の『サーティーン あの頃欲しかった愛のこと』や『トワイライト 初恋』を観ると、インディペンデントな作風の日常的なお話の方が得意だと思います。少なくとも大作向きの監督ではありません。なので、今回の企画はピッタリかもしれません。

キャサリン・ハードウィックの最新作は全英公開が9月の、ドリュー・バリモアとトニ・コレットの女性同士の友情を描いた『Miss You Already』です。

ドリュー・バリモアとトニ・コレットが演じる幼馴染の親友が、それぞれ妊娠と乳がんという相反する状況となりながらも友情を深めていくというキューティー映画『Miss You Already』の予告編が公開されました。『M...