Home 海外NEWS 『スプラッシュ』リメイク企画進行中

『スプラッシュ』リメイク企画進行中

『スプラッシュ』リメイク企画進行中
0

1984年に公開されヒットしたトム・ハンクス&ダリル・ハンナ共演『スプラッシュ』のリメイク企画が進行中であることをプロデューサー、ブライアン・グレイザーが語りました。


泳げない人間の男性(トム・ハンクス)と、その男性に恋をして人間の姿になった人魚(ダリル・ハンナ)の恋を描いた『スプラッシュ』はディズニーの大人向け実写映画レーベル「タッチストーン・フィルム(現:タッチストーン・ピクチャーズ)」の第1作目作品であり、監督のロン・ハワードにとって初めてのヒット作となった作品です。
本作のプロデューサーだったブライアン・グレイザーとは後に共同で企画・製作会社イマジン・エンターテインメントを設立しています。

そして今回、ブライアン・グレイザーがリメイク企画を進めていることをインタビューで認めました。どうやら有名俳優の参加も内定している模様です。

仮タイトルは『Wet』と名付けられている『スプラッシュ』のリメイク版がどのようになるのか分かりませんが、ブライアン・グレイザーは『スプラッシュ』が人間側(トム・ハンクス)からの視点で描かれていたのに対し、今回の『Wet』では人魚の視点で描くかもしれないとのこと。

となると、2009年にユニバーサル・ピクチャーズとイマジン・エンターテインメントが企画を進めていた『Merman』という企画がヒントになるかもしれません。

ジェニファー・アブ・ホランダーとジェフ・モスコウィッツが脚本を執筆し企画開発がれていた『Merman』は、人間の男性と恋に落ちて戻ってこなくなった許嫁の人魚姫を探しにやってきた男性人魚のお話で、人間の姿となって探し、人魚姫を巡っての人間男性との三角関係が描かれるキューティー映画になる予定でした。

現状『スプラッシュ』リメイク企画は水面下で進んでいますが、今後企画発表されることが楽しみです。