Home 海外NEWS チェルシー・ペレッティ主演39歳女性の悲哀を描くコメディ『Spinster』

チェルシー・ペレッティ主演39歳女性の悲哀を描くコメディ『Spinster』

チェルシー・ペレッティ主演39歳女性の悲哀を描くコメディ『Spinster』
1

チェルシー・ペレッティ(「ブルックリン・ナイン-ナイン」)主演、39歳女性の悲哀を描くコメディ『Spinster』の制作がスタートしました。


39歳の誕生日に突然ふられてしまったギャビー(チェルシー・ペレッティ)は哀れで孤独な独身女性となってしまいます。そんな彼女を描くお話です。

監督はカナダ出身のアンドレア・ドーフマン(Andrea Dorfman)。脚本はジェニファー・ディエル(Jennifer Deyell)。

カナダのインディペンデント映画として制作される本作は、最近ではよくありがちな、ある程度の年齢になってからのヒロインを負け犬女子として自虐的にコミカルに描くタイプのようですから、コメディアンヌで、最近コメディ映画の脇役ではよく登場するチェルシー・ペレッティに頼るところが大きくなると思われます。彼女のキャラクター作りに注目です。
撮影は近々スタートします。

Comment(1)

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.