Home 海外NEWS サラ・ジェシカ・パーカー、NYで結婚生活を描くコメディドラマの主演に

サラ・ジェシカ・パーカー、NYで結婚生活を描くコメディドラマの主演に

サラ・ジェシカ・パーカー、NYで結婚生活を描くコメディドラマの主演に
1

sarah-jessica-parker-divorce_00サラ・ジェシカ・パーカーが「セックス・アンド・ザ・シティ」を放映していたケーブルTV局HBOで、ドラマの主役を演じることになりました。ドラマは結婚から離婚に至るまでを描くコメディで、タイトルもそのものズバリ「Divorce(離婚)」です。


「Divorce」はNYに住むヒロイン(サラ・ジェシカ・パーカー)が、理想的な相手(トーマス・ヘイデン・チャーチ)と出会い、結婚し生活が激変します。素晴らしかった夢のような新婚生活は、やがて現実的になり、ヒロインが想い描いていた結婚生活とはかけ離れたものになっていく…というお話です。

30分1話のシリーズを予定していて、ストーリー・脚本をシャロン・ホーガンが担当。彼女はアイルランド出身の女優でこれまでもTVシリーズや映画の脚本も手がけています。サラ・ジェシカ・パーカーは製作総指揮でも参加予定です。

サラにとってはHBOで大ヒットし社会現象にもなった「セックス・アンド・ザ・シティ」以来のテレビドラマ&主役です。
映画の方でも新作キューティー映画『All Roads Lead to Rome』がありますし、彼女はずっとキューティー映画に出続けています。
サラ・ジェシカ・パーカー、スウェーデン監督エラ・レムハーゲンの新作キューティー映画に出演!