Home 海外NEWS レベル・ウィルソン、映画版『キャッツ』に出演

レベル・ウィルソン、映画版『キャッツ』に出演

レベル・ウィルソン、映画版『キャッツ』に出演
0

レベル・ウィルソンがテイラー・スウィフト、ジェニファー・ハドソンらが出演する『キャッツ』映画化に参加することがわかりました。


1981年にイギリスで初演された、都会のゴミ置き場に集まった猫たちを描くミュージカル「キャッツ」の映画化で、レベル・ウィルソンは昼はずっと座りっぱなしで絶対動かないのに、夜になると活発になってネズミ取りなどの教育に励むおばさん猫のジェニエニドッツを演じます。

現在わかっている他の出演者は、テイラー・スウィフト(セクシー猫のボンバルリーナ役)、ジェニファー・ハドソン(名曲「メモリー」を歌うグリザベラ役)、イアン・マッケラン(ガス役)、イドリス・エルバ(マキャヴィティ役)、ジュディ・デンチ(長老猫のオールド・デュトロノミー役)、マト・タリー(ジェミマ役)、英国ロイヤル・バレエダンサーのフランチェスカ・ヘイワード(舞踏会でソロダンスを披露するヴィクトリア役)とスティーブン・マクレー(スキンブルシャンクス役)、そしてジェームズ・コーデン。

監督は『レ・ミゼラブル』トム・フーパー、脚本は『トースト ~幸せになるためのレシピ~』『リトル・ダンサー』リー・ホール。

テイラー・スウィフト、ジェニファー・ハドソン、ジェームズ・コーデン、イアン・マッケランという豪華キャスト、『レ・ミゼラブル』トム・フーパー監督で映画化されるミュージカル『キャッツ』の全米公開日が201...

制作はイギリスにて今年の終わりから開始されます。全米公開は2019年12月20日予定です。