Home 海外NEWS ニコール・キッドマン、ロバート・パティンソン、ジェームズ・フランコ共演『Queen Of The Desert』予告編公開!

ニコール・キッドマン、ロバート・パティンソン、ジェームズ・フランコ共演『Queen Of The Desert』予告編公開!

ニコール・キッドマン、ロバート・パティンソン、ジェームズ・フランコ共演『Queen Of The Desert』予告編公開!
0

先日、劇中写真が大量に公開された、ニコール・キッドマン、ロバート・パティンソン、ジェームズ・フランコらが出演する1900年代にイラク建国など中東情勢に大きく関わった実在する女性、ガートルード・ベルの伝記映画『Queen Of The Desert』から今度は予告編が公開されました。


『Queen Of The Desert』は実在した女性ガートルード・ベルと、彼女を取り巻く男性たちとの関係を描いたお話です。
ガートルード・ベルをニコール・キッドマン、アラビアのロレンスことトーマス・エドワード・ロレンスをロバート・パティンソン、ベルの婚約者ヘンリー・カドガンをジェームズ・フランコが演じます。

ニコール・キッドマンがイラク建国などに関わった女性を演じる『Queen Of The Desert』劇中写真

上流階級出身の大学出というインテリのイギリス人女性、ガートルード・ベルは、自分の立場に馴染めず考古学を学び中東の砂漠を旅し様々な経験をしていました。その頃、第1次世界対戦が勃発。その語学や知識をかわれイギリスの諜報部員として中東政策に関わるようになり、中東の英仏による分割統治、イラク建国など、現在の中東情勢の基礎をつくり上げる立場になります。
イラクでは政治に関わりつつ、考古学の活動を再開しやがて彼女は小さな博物館を作ります。それが後のイラク国立博物館になります。

非常に男勝りでチェーンスモーカー、中東を旅している時に盗賊に襲われて戦ったり、地元部族と渡り合ったりする反面、恋愛はうまく行かず生涯独身でした。57歳の時に睡眠薬の過剰摂取で亡くなっています。

この予告編は今年2月に第65回ベルリン国際映画祭でプレミア上映された際に作られたもので、インターナショナル版となっています。
予告編を見る限り、「女性版アラビアのローレンス」という感じに見えます。

ニコール・キッドマン主演、砂漠の女王の伝記映画『Queen Of The Desert』ベルリン国際映画祭でプレミア上映

全米公開はまだ未定ですが、9月頃になると予想されています。
queen-of-the-desert-trailer_01