Home 海外NEWS マーゴット・ロビーが、伝説の女性空中ブランコ乗り、リリアン・レイチェルを演じることに

マーゴット・ロビーが、伝説の女性空中ブランコ乗り、リリアン・レイチェルを演じることに

マーゴット・ロビーが、伝説の女性空中ブランコ乗り、リリアン・レイチェルを演じることに
0

1900年初頭、アメリカのサーカス有名な女性空中ぶらんこ乗り、リリアン・レイチェルの伝記映画企画『Queen of the Air』で、リリアンをマーゴット・ロビーが演じることになりました。


『Queen of the Air』はサーカスの女芸人、特に空中ブランコ乗りとして有名だったリリアン・レイチェルの生涯を描きます。サーカス芸人の両親のもとで育ったリリアンは1900年代にアメリカの有名なサーカス団に所属し、空中ブランコの女曲芸師として人気となります。同じサーカス芸人の男性と結婚(4年後に離婚)。しかし39歳の時、デンマークでの公演中に起きた落下事故で帰らぬ人となってしまいました。

2013年に出版されたディーン・N・ジェンセン著「Queen of the Air: A True Story of Love and Tragedy at the Circus」が原作です。


これをワーナー・ブラザーズが映画化します。
現在、企画開発用の脚本をキャット・バスコ(Cat Vasko)が執筆中です。監督は現時点では未定です。

リリアン・レイチェルは小柄でした。マーゴット・ロビーは長身です。そこはリアリティを追求しないのか、『ジュリー&ジュリア』でメリル・ストリープを長身に見せたように、特撮やCGなどで身長差を表現するのか、ちょっと気になります。

リリアン・レイチェルのパフォーマンスを撮影した当時の貴重な映像です。
https://www.youtube.com/watch?v=kermOBHeGUA