Home 海外NEWS トム・フォード監督の新作「ミステリ原稿」映画化でエイミー・アダムス&ジェイク・ジレンホール共演

トム・フォード監督の新作「ミステリ原稿」映画化でエイミー・アダムス&ジェイク・ジレンホール共演

トム・フォード監督の新作「ミステリ原稿」映画化でエイミー・アダムス&ジェイク・ジレンホール共演
0

nocturnal-animals-casts_00ファッション・デザイナーで映画監督のトム・フォードが手がける、オースティン・ライトの小説を原作とする新作映画『Nocturnal Animals』でエイミー・アダムスとジェイク・ギレンホールが共演することになりそうです。


オースティン・ライトの小説「Tony and Susan(邦題:ミステリ小説)」は、ヒロインの主婦のもとに、20年前に離婚した夫から小説の原稿が届きます。ぜひ読んで欲しいということで小説を読み始めるのですが、その内容は暴漢に妻子を殺された大学教授の復讐を巡るダークな葛藤劇。彼女はこの小説を送ってきた元夫の目的や、書かれている小説の裏テーマ、自分自身のことを思い巡らせながら小説を読んでいく…というお話で、小説を読むヒロインの主婦のドラマと、元夫が書いた小説のお話が同時に進行する構成になっています。

ミステリ原稿 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ 1647)

ミステリ原稿 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ 1647) [書籍]

著者オースティン・ライト

クリエーター吉野 美恵子

出版社早川書房

出版日97.04.01

商品カテゴリー新書

ページ数409

ISBN415001647X

初監督作品『シングルマン』で高評価を得たトム・フォードはこの原作の映画化に苦心します。原作通りに映画化するなら、2つの全く異なるタイプの映画を作らないといけません。一時は主婦のドラマと劇中小説の2つの映画を撮ろうと考えたこともあったようです。

映画タイトルは『Nocturnal Animals』。これは劇中小説のタイトルです。ということは、劇中小説の方を映画化するということでしょうか?その辺りの詳細な情報はまだありませんが、エイミー・アダムスは主婦役を望んでいるという情報もありますから、単に劇中小説を映画化する作品になることはないと思われます。
エイミー・アダムス、ジェイク・ギレンホールの他には『her/世界でひとつの彼女』ホアキン・フェニックス、『ゴジラ』アーロン・テイラー=ジョンソンの出演が決定しています。

現在この映画企画はジョージ・クルーニーが持っている製作会社によって企画開発が進められています。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です