Home 海外NEWS 2018年、Netflixで最も見られた上位2作品は青春系キューティー映画!

2018年、Netflixで最も見られた上位2作品は青春系キューティー映画!

2018年、Netflixで最も見られた上位2作品は青春系キューティー映画!
0

Netflixが2018年、視聴数の最も高かった3作品を発表しました。『キスから始まるものがたり』『好きだった君へのラブレター』と青春系キューティー映画で1・2フィニッシュです。


Netflixが発表した、2018年1月1日から11月28日までに配信されたオリジナル作品の中で、最も視聴数の高かった3作品は以下のとおりです。

1.キスから始まるものがたり
2.好きだった君へのラブレター
3.ロクサーヌ、ロクサーヌ

3作品全てが女性が主人公の作品となりました。そして1位、2位はティーンがヒロインの青春系キューティー映画です。
この2作品で視聴数全体の50%近くを占めました。

3位の『ロクサーヌ、ロクサーヌ』も、80年代後半から活躍した女性ラッパー、ロクサーヌ・シャンテの伝記映画ですからキューティー映画の範疇となるので、実質上位3作品、全てキューティー映画となりました。

妄想で書いていた内緒のラブレターが実際の相手に届いてしまって、さぁ大変!という『好きだった君へのラブレター』はすでに続編の制作が決定しています。そういった話題性から、今年のNetflixオリジナルのキューティー映画としては一番人気は本作だと思っていました。

16歳の女の子が書いた青春YA小説の映画化、Netflix『The Kissing Booth』の予告編が公開されました。邦題『キスから始まるものがたり』。エル(ジョーイ・キング)はまだキスもしたことがない女子高生。しかしチ...

それが意外にも、16歳の女の子が書いた小説が原作の『キスから始まるものがたり』が1位となりました。
16歳の女の子が書いた青春YA小説の映画化、Netflix『The Kissing Booth』の予告編が公開されました。邦題『キスから始まるものがたり』。エル(ジョーイ・キング)はまだキスもしたことがない女子高生。しかしチ...

主演のジョーイ・キング(『ラモーナのおきて』)は子役からキューティー映画のヒロインにシフトした、今後を担っている期待の若手女優です。
ジョーイ・キング(『キスから始まるものがたり』『ラモーナのおきて』)主演の青春映画『Summer '03』の予告編が公開されました。2003年、16歳のジェイミー(ジョーイ・キング)の祖母(ジューン・スキッブ...

Netflix映画『キスから始まるものがたり』が好評だったジョーイ・キング(『ラモーナのおきて』)が、新たなキューティー映画『The In Between』を企画。主演とプロデューサーを務めます。『The In Between』は、...

Netflixは当初、ハードな内容、多額の予算をかけたドラマで話題となりました。しかし去年あたりからキューティー映画系を多く配信しています。これは当サイトでは何度も指摘していますが、2019年からサービス開始予定のディズニーの配信サービス「ディズニー+」に対抗するためと思われます。青春系キューティー映画で総視聴数の半数近くを獲得したことから、Netflixのユーザーも女性層、特に若い女性層が増えていることが明白になりました。

ただNetflixが一方的に公開したものですから、通常のTVドラマなどと違い情報の客観性がありません。ディズニー+を牽制するための情報操作であることも考えられますが、ハードで多額の製作費が売りだったNetflixオリジナルは、今後もコミカルで低予算なキューティー映画の方にシフトしていくと思われます。

各配信サービスは、女性層を獲得するためキューティー映画が重要コンテンツとなっていきます。一方、キューティー映画の主戦場は劇場から配信やVODなどのデジタル配信のフォーマットに移行していくと思われます。

その他、ドラマシリーズなど、Netflixが公開したランクリストは以下のとおりです。