Home 海外NEWS ディズニー実写版『ムーラン』全米公開日が2018年から2020年に

ディズニー実写版『ムーラン』全米公開日が2018年から2020年に

ディズニー実写版『ムーラン』全米公開日が2018年から2020年に
0

リウ・イーフェイ主演、ニキ・カーロ監督によるディズニー実写版『ムーラン』の全米公開日が当初予定の2018年11月から2020年の3月に変更になりました。


リウ・イーフェイ(劉亦菲)(『第3の愛』『ザ・レジェンド』)主演、『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』ニキ・カーロ監督による実写版『ムーラン』は当初全米公開日が2018年11月2日でした。

ディズニーで企画開発が進められている実写版『ムーラン』で、リウ・イーフェイ(劉亦菲)(『第3の愛』『ザ・レジェンド』)がムーラン役を射止めました。『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』ニ...

今回、全米公開日が2020年3月27日に変更になることが発表されました。

この変更は、制作準備の遅れもですが、近年アメリカの映画業界にとって、中国が以前ほど魅力的な市場となっていないことにも原因の一端にあると思われます。中国の映画市場は近年、政府の介入もあって、自国映画やインド映画などの大ヒットがある反面ハリウッドの大作映画が以前ほど大ヒットを記録しない傾向になっています。
また、中国の映画興行でハリウッド映画の売上が意図的に少なく報告されていることも去年わかりましたし、景気が良かった中国企業とハリウッドとの提携話はどれも破綻だらけと金銭的なトラブルも多く出るようになってきました。

中国市場を当てにしない形で、誰もが魅力的に思える実写版『ムーラン』を作るためには、公開スケジュールの変更もやむを得ないですね。