Home 海外NEWS エイミー・ポーラ、監督2作目はYA小説のNetflix映画化『Moxie』

エイミー・ポーラ、監督2作目はYA小説のNetflix映画化『Moxie』

エイミー・ポーラ、監督2作目はYA小説のNetflix映画化『Moxie』
0

エイミー・ポーラの監督2作目は、90年代女性バンドたちのフェミニズム運動を真似て、学園内で活動を始める16歳の女の子を描いたYA小説『Moxie』の映画化です。Netflix映画として制作されます。


テキサスの小さな田舎町に住むヴィヴィアンは16歳。ジョックスであるフットボール部はやりたい放題、男子のいじめ、学校の性差別的な服装ルールにうんざりしたヴィヴィアンは、お母さんが90年代にハマってたライオット・ガール(Riot Grrrl)・ムーブメントにならって、学校でフェミニズム運動「Moxie」をはじめるというお話です。ヴィヴィアンは「Moxie」を通じて、親友とのすれ違いや、新しい友だち、お母さんとの関係、転校生との恋などを経験していきます。

ジェニファー・ムートゥの同名YA小説が原作です。

Moxie: A Zoella Book Club 2017 novel

Moxie: A Zoella Book Club 2017 novel書籍

価格¥ 1,337

作者Jennifer Mathieu

発行Hodder Children's Books

発売日17.09.21

カテゴリーペーパーバック

ページ数400

ISBN1444940635

Supported by amazon Product Advertising API


ティナ・フェイの盟友、エイミー・ポーラは2019年5月10日からNetflixで配信開始の『ワイン・カントリー』で初監督を務めています。
コメディアンヌのエイミー・ポーラー(『シスターズ』『インサイド・ヘッド』ヨロコビの声)が、自身が企画・プロデュース・主演のNetflixオリジナル映画『Wine Country』で初監督を務めることがわかりました。『...

監督2作目となる本作もNetflix映画です。脚本はハリー・スタイルズが主人公のモデルである同人小説の映画化『After』のタマラ・チェスナ。
出演者、配信時期は未定です。

「Moxie」で重要なキーワード「ライオット・ガール(Riot Grrrl)・ムーブメント」とは、90年代、パンクを中心にしたフェミニズム思想を持ったガールズバンドたちのことをいいます。シアトル近郊から始まっているので、やはりシアトルを中心に発生したグランジ・ブームと密接に関係していました。

今のアメリカでは、扱いがとても面倒な題材をエイミー・ポーラがどう青春映画としてまとめるのか、とても興味深いです。