Home 海外NEWS 10月3日は『ミーン・ガールズ』の日。アメリカで出演者たちは

10月3日は『ミーン・ガールズ』の日。アメリカで出演者たちは

10月3日は『ミーン・ガールズ』の日。アメリカで出演者たちは
0

10月3日は「ミーン・ガールズの日」です。これは劇中でケイディ(リンジー・ローハン)とアーロン(ジョナサン・ベティット)とデートの約束をする日が10月3日であったことが由来なのですが、現地時間10月3日、アメリカでは出演者たちによる活動がありました。



まずは脚本・出演、さらに10月31日からテスト公演、来年春からブロードウェイでの公演が始まるミュージカル版の総指揮・脚本をしているティナ・フェイ。

ミュージカル版『ミーン・ガールズ』プラスチックスによる告知映像
ミュージカル版『ミーン・ガールズ』の告知映像に、レジーナ(テイラー・ラウダーマン)、カレン(ケイト・ロックウェル)、グレッチェン(アシュリー・パーク)、"プラスチックス"の3人組が登場しまし...

彼女は10月3日、ニューヨークでミュージカルの前売り券を購入したファンに、宣伝活動の一環として、作品名の入ったピンクのサングラスと、チーズ・フライドポテトを載せた食べ物を配りました。
これは劇中、レイチェル・マクアダムス演じるレジーナの台詞「Whatever, I’m getting “cheese fries”」に引っ掛けたものです。

一方、映画でアーロンを演じたジョナサン・ベティット、カレンを演じたアマンダ・サイフリッド、グレッチェンを演じたレイシー・シャベール、ダミアンを演じたダニエル・フランゼーゼは、現地時間10月1日にラスベガスで起こった乱射事件に対して、被害者支援団体への1人3ドルの寄付を求める動画を作成、アップしました。

寄付先はこちらです。
https://www.gofundme.com/October3

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です