Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/onebilling/cuemovie.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Home 海外NEWS ディズニー実写版『リトル・マーメイド』、監督にロブ・マーシャル?

ディズニー実写版『リトル・マーメイド』、監督にロブ・マーシャル?

ディズニー実写版『リトル・マーメイド』、監督にロブ・マーシャル?
0

ディズニーがこれまであまり積極的に企画開発を進めてこなかった『リトル・マーメイド』の実写映画企画で、監督にロブ・マーシャルの名前があがっています。


アニメ映画の実写化を次々と進めているディズニーの中で、この『リトル・マーメイド』だけがあまり積極的な開発が行われてきませんでした。
唯一決まっていたのが、オリジナル楽曲を担当したアラン・メイケンと共にリン=マヌエル・ミランダが楽曲作りに参加するというのが決まったくらいです。通常、開発の際に最優先される脚本や監督などスタッフの情報やメインキャストの発表も行われていません。

実写化企画を次々と立てているディズニーが最も消極的になっている『リトル・マーメイド』の実写企画で、リン=マヌエル・ミランダがオリジナル楽曲を担当したアラン・メイケンと共に楽曲作りに参加することがわ...

そんな中、ディズニー系のTV局、米ABCで生放送ミュージカル版『The Little Mermaid Live!』が10月3日に放映されるという情報が出ました。これは生放送で実写とアニメがリアルタイム合成されるという画期的なものになる予定でした。アラン・メイケンとリン=マヌエル・ミランダが参加していたものと同じか別かわからないまま、制作は延期となります。
米ABC初となる『リトル・マーメイド』(1989)の生放送ミュージカル版『The Little Mermaid Live!』の放送は当初の予定では10月3日に放送予定でしたが、延期となりました。『サウンド・オブ・ミュージック Live!』...

その後『The Little Mermaid Live!』の続報は一切ないまま、実写映画企画として、ディズニーはロブ・マーシャルに監督のオファーしていることが報じられました。また脚本を『キングスマン』シリーズ、ここ3作の『X-MEN』シリーズ、『キック・アス』などを手がけているジェーン・ゴールドマンが執筆していることがわかりました。これは意外な人選です。

ロブ・マーシャルは2018年12月『Mary Poppins Returns』の監督も務めています。リン=マヌエル・ミランダが『Mary Poppins Returns』に出演している事も今回の件に影響しているのでしょうか?

エミリー・ブラントがメリー・ポピンズを演じる『メリー・ポピンズ』続編『Mary Poppins Returns』の動くポスターが初公開されました。『Mary Poppins Returns』はジュリー・アンドリュース主演『メリー・ポピン...

ハッキリ書きますが、『イントゥ・ザ・ウッズ』『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉』『NINE』『SAYURI』『シカゴ』…どれも演出が酷い作品ばかりです。ロブ・マーシャルに監督の才能は1mmたりともありません。好き嫌いではなく、自然の摂理、万物の法則として彼には演出の才能が全くないのが純然たる事実なんです。

『シカゴ』はプロデュースと出演者に助けられた作品で、演出は酷いの一言(実際『シカゴ』が受賞した賞で監督、演出の類に対する受賞は1つもありません。全てプロデューサーに対する作品賞か出演者への賞です)。

映画監督としては本当に本当に本当に(大事なことですから3回書きました)才能がない。企画開発時から凡庸で、セット撮影から出れず、構成のメリハリを演出的に付けられず、映画監督として全く才能のなく興行成績も大したことのないロブ・マーシャルをなぜディズニーは大作をオファーするのかわかりません。強いコネクションがあるのでしょうね。

現在、ディズニーからのアプローチに対して、ロブ・マーシャルは休み明けに回答をするようですが、ぜひ断ってもらいたいものです。