Home 海外NEWS メリル・ストリープ、エマ・ストーン、シアーシャ・ローナン、ティモテ・シャラメ共演『若草物語』。監督はグレタ・ガーウィグ

メリル・ストリープ、エマ・ストーン、シアーシャ・ローナン、ティモテ・シャラメ共演『若草物語』。監督はグレタ・ガーウィグ

メリル・ストリープ、エマ・ストーン、シアーシャ・ローナン、ティモテ・シャラメ共演『若草物語』。監督はグレタ・ガーウィグ
0

ソニーが企画開発を進めている『若草物語』で、メリル・ストリープ、エマ・ストーン、シアーシャ・ローナン、ローレンス・ピュー、ティモテ・シャラメという豪華キャストが決定しました。監督は『レディ・バード』グレタ・ガーウィグです。


「若草物語」は19世紀後半、南北戦争時代のアメリカを舞台に、4人姉妹の日常と成長を描いたお話です。
映画化も何度もされており、1933年版ではキャサリーン・ヘプバーン、1949年版ではエリザベス・テイラー、ジャネット・リー、1994年版ではウィノナ・ライダー、子役時代のキルステン・ダンストやクリスチャン・ベイルが出演し、いずれの作品もアカデミー賞にノミネートされている名作です。

今年は原作出版150周年となります。つい先日、舞台を現代に置き換えた映画の予告編が公開されたばかりです。

「若草物語」現代版『Little Women』予告編

ソニーのコロンビア・ピクチャーズは以前から『若草物語』の映画化を企画していました。当初、監督・脚本にはサラ・ポーリーで進めていましたが彼女は企画から離脱。2016年から脚本はグレタ・ガーウィグが引き継いでいました。

『若草物語』新作企画にサラ・ポーリーと大物女性プロデューサーが参加
ソニーが進めていた『若草物語』の新作企画開発に、女優で最近は監督として活躍し評価の高いサラ・ポーリーと、元ソニー会長の大物女性プロデューサー、エイミー・パスカルが参加することがわかりました。これま...

『レディ・バード』の高評価もあり、グレタ・ガーウィグがそのまま監督も務めることになりました。

母親役をメリル・ストリープ、長女メグ役をエマ・ストーン、物語の主役である次女ジョー役にシアーシャ・ローナン、三女ベス役にローレンス・ピュー。ティモテ・シャラメは一家の隣に住むローリーを演じることになりそうです。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.