Home 海外NEWS 楽しいゾンビ・キューティー映画、デイン・デハーン&オーブリー・プラザ共演『Life After Beth』予告編

楽しいゾンビ・キューティー映画、デイン・デハーン&オーブリー・プラザ共演『Life After Beth』予告編

楽しいゾンビ・キューティー映画、デイン・デハーン&オーブリー・プラザ共演『Life After Beth』予告編
0

life-after-beth-trailer_00『ウォーム・ボディーズ』でゾンビ映画でもキューティー映画としてヒットさせることが出来ると証明されたわけですが、デイン・デハーン&オーブリー・プラザという若者に人気のある俳優を揃えた『Life After Beth』は、よりコミカルにゾンビ・キューティー映画を見せてくれます。傑作の予感がします!


死んだはずの彼女が行き帰り驚きつつも喜ぶ彼氏。しかし彼女はゾンビになってた…
もうこれだけで十分ですね。素晴らしいです(笑)

なぜ「傑作の予感がする」と書いたかというと…

1)製作はアメリカン・ゾエトロープ。
2)配給はA24。
3)若者に人気の若手俳優が多数出演。
4)米ディレクTV先行で劇場公開という上映方式。
5)2014年サンダンス映画祭で上映され、評論家たちの評判が一様に悪かった!(笑)←ここ重要

1)に関してはフランシス・F・コッポラとジョージ・ルーカスが創設者の有名な会社です。若手監督やインディーズ映画を支援しています。

2)に関しては、A24という配給会社、最近注目しているのですが、ここ数年『スプリング・ブレイカーズ』『ブリングリング』、日本未公開ながら青春モノとして非常に評価が高かった『The Spectacular Now』、cueでも何度か紹介した、スカーレット・ヨハンソン主演、ジョナサン・グレイザー監督のSF映画『Under the Skin』、ガイ・ピアース&ロバート・パティンソン共演『The Rover』と、野心的な内容の若者向け単館映画でヒットを連発させています。

3)はいうまでもなく、デイン・デハーンは今注目のイケメン俳優ですし、オーブリー・プラザは『私にもできる!イケてる女の10(以上)のこと』を見てもコメディアンヌとして今注目の女優です。さらにアナ・ケンドリック、マシュー・グレイ・ギュブラー、トーマス・マクドネルらいずれも若者に人気の俳優たちが脇で出演。それに加えてジョン・C・ライリー、モリー・シャノン、シェリル・ハインズなど芸達者なベテランがいるのも重要です。
それになぜか『アバウト・ア・ボーイ』の脚本、最近は『アドミッション 親たちの入学試験』の監督ポール・ワイツも俳優として出演しています。

4)に関しては、A24は米ディレクTVと提携を発表しています。先行放送&限定劇場公開というパターンで配給力をカヴァーしようと考えているようです。ディレクTVオリジナル映画といえば、ディアブロ・コーディ初監督作品『Paradaise』がそれにあたります。この時はまだA24と提携していなかったので劇場公開はされていません。
すでにアメリカでは「いかに多くの人に作品を観てもらうか」が重視され、多角的にメディアで上映展開します。

そして5)監督はデヴィッド・O・ラッセル監督作『ハッカビーズ』で脚本を担当していたジェフ・バエナ。彼の初監督・脚本作品です。そのため作品の構成の粗さ、人物描写の粗さを指摘する評論もあるので、映画としては不完全なのかもしれません。

しかし!キューティー映画は映画としての完成度より、観客が見て楽しんだ満足度が優先です。さらに評論家の評価が低ければ低いほどキューティー映画としては傑作が多いのもまた事実です(決してワナビーなD級映画推しではありません。)

予告編を見る限りはとても面白そうです。7月17日に米ディレクTVで放映後、8月15日から限定で全米公開です。
大いに期待したいですね!

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です