Home 海外NEWS エミリア・クラーク主演、ワム!のヒット曲から生まれた『Last Christmas』

エミリア・クラーク主演、ワム!のヒット曲から生まれた『Last Christmas』

エミリア・クラーク主演、ワム!のヒット曲から生まれた『Last Christmas』
0

エミリア・クラーク主演、『クレイジー・リッチ!』でヒロインの相手役に抜擢されたヘンリー・ゴールディング共演、ワム!のヒット曲にインスパイアされた、ポール・フェイグ監督の新作キューティー映画『Last Christmas』の全米公開日が2019年12月に設定されました。


クリスマスシーズンのロンドンを舞台に、年中無休のクリスマスショップで働いているケイト(エミリア・クラーク)と、失恋した彼女の閉じた心を開こうとするトム(ヘンリー・ゴールディング)の恋愛を描くお話です。

監督はポール・フェイグ。自身では初となるサスペンス映画『A Simple Favor』を手がけたばかりですが、再びキューティー映画を撮ります。

アナ・ケンドリックとブレイク・ライヴリーが共演、『ブライドメイド』『SPY/スパイ』ポール・フェイグ監督がスタイリッシュなミステリー映画に挑む『A Simple Favor(原作邦題:ささやかな頼み)』の予告編が公...

脚本は脚本をエマ・トンプソンと、ロンドンで活動している女性アーティスト、ブライオニー・キミングス。
『SPY/スパイ』『ゴーストバスターズ(2016)』など数々のキューティー映画を監督したポール・フェイグが、ユニバーサルが企画開発を進めている、エマ・トンプソン脚本の『Last Christmas』で監督を務めることにな...

映画は、ワム!時代、ジョージ・マイケルが作った1984年のヒット曲「ラスト・クリスマス」にインスパイアされています。劇中、「ラスト・クリスマス」が主題歌として使用されるのは当然ですが、ジョージ・マイケルが生前に残した未発表曲も使われる予定です。

全米公開は2019年12月15日です。イギリス産のキューティー映画は最近上質な作品が多くヨーロッパではヒットしているのですが、アメリカでは今ひとつヒットしません。ポール・フェイグ監督作&ジョージ・マイケルの名曲を使ったキューティー映画ということで、どれだけアメリカで動員できるか注目です。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.