Home 海外NEWS 実写版『わんわん物語』、実際の犬で撮影したことが判明

実写版『わんわん物語』、実際の犬で撮影したことが判明

実写版『わんわん物語』、実際の犬で撮影したことが判明
0

2019年スタートのディズニー配信サービス「ディズニー+」で公開される、実写版『わんわん物語』。登場人物は犬ですが、それが実際の犬を使っていることがわかりました。写真が実写版”レディ”です。


コッカー・スパニエルのレディと野良犬のトランプのロマンスを中心に、犬と人間たちを描く『わんわん物語』(1955)の実写化は、コッカー・スパニエルのレディの声をテッサ・トンプソン、野良犬のトランプの声をジャスティン・セロー、スコティッシュ・テリアのジャッキー(オリジナルでは老犬ジャック)の声をアシュレー・ジェンセン、ブルドックのブルの声をベネディクト・ウォンが担当。
レディの飼い主のダーリングをカーシー・クレモンズが演じることが発表されていました。

近年のディズニーによる動物アニメ映画の実写化は『ジャングル・ブック』『ライオン・キング』『ダンボ』など、登場する動物はフルCGです。
しかし『わんわん物語』では実際の犬を使い、セリフに合わせて口の部分だけCGを使ってリップシンクさせる従来の方法が取られています。

予算規模から考えてこれは予想通りなのですが、その中で注目なのは、オリジナル版で有名なスパゲティを食べるロマンティックなシーンをどうやってリアルな犬で再現するかです。

『わんわん物語』のスパゲッティのシーンは、アニメならではの名シーンです。これをリアルな犬でやっても…どうなるんでしょう??

監督は『レゴ ニンジャゴー ザ・ムービー』チャーリー・ビーン。脚本は『成果』アンドリュー・ブジャルスキー。
ディズニー+は2019年後半からサービス開始と発表されており、実写版『わんわん物語』もスタート時に配信されると思われます。