Home 海外NEWS アンガーリー・ライス、50年代オーストラリアの女性デパート店員たちを描く『Ladies in Black』で主演

アンガーリー・ライス、50年代オーストラリアの女性デパート店員たちを描く『Ladies in Black』で主演

アンガーリー・ライス、50年代オーストラリアの女性デパート店員たちを描く『Ladies in Black』で主演
0

オーストラリア出身のアンガーリー・ライスは『スパイダーマン:ホームカミング』、ソフィア・コッポラ監督の『白い肌の異常な夜』リメイク『ザ・ビガイルド』など、アメリカでの人気作、話題作への出演が続いていますが、1950年代の母国オーストラリアのデパートを舞台にした、当時の女性たちを描くキューティー映画『Ladies in Black』でヒロインを演じます。


『Ladies in Black』は1959年のシドニーが舞台。郊外に住むシャイで保守的な父を持つ女子高生のリサ(アンガーリー・ライス)は高校卒業前の夏休みにデパートでバイトをします。そこで彼女は全身黒ずくめの最先端ファッションを身に着けた個性的な歳上の女性店員達と出会い、彼女たちに感化され、生き方を変えていこうとする、というお話です。

マドリン・スト・ジョンが1993年に出版した小説「The Women in Black」が原作です。

The Women in Black. by Madeleine St John

The Women in Black. by Madeleine St John書籍

価格¥ 1,429

作者Madeleine St John

発行Abacus Software

発売日11.06.01

カテゴリーペーパーバック

ページ数208

ISBN0349123381

Supported by amazon Product Advertising API

ジュリア・オーモンド、レイチェル・テイラーが「Ladies in Black」の女性たちとして共演。他にアリソン・マクギアー、ヴァンサン・ペレーズ、ライアン・コア、スージー・ポーターらが出演。
監督・脚本は『ドライビング Miss デイジー』『小さな村の小さなダンサー』ブルース・ベレスフォード。共同脚本にプロデューサーでもあるスー・ミリケン。

『Ladies in Black』は今月からオーストラリアのシドニーで撮影が開始される予定です。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です