Home 海外NEWS 『ラ・ラ・ランド』コンサートツアー「La La Land in Concert: A Live-to-Film Celebration」ハリウッド・ボウル映像

『ラ・ラ・ランド』コンサートツアー「La La Land in Concert: A Live-to-Film Celebration」ハリウッド・ボウル映像

『ラ・ラ・ランド』コンサートツアー「La La Land in Concert: A Live-to-Film Celebration」ハリウッド・ボウル映像
0

『ラ・ラ・ランド』を生演奏で観るコンサートツアー「La La Land in Concert: A Live-to-Film Celebration」のプレミア上演がロサンゼルスのハリウッド・ボウルで行われました。その時の映像をご紹介。


「La La Land in Concert: A Live-to-Film Celebration」は劇中の映像と歌に合わせて、総勢100人からなるオーケストラ、ジャズバンド、コーラス、ダンサーなどによって実演が行われるというものです。

日本でも大ヒット公開中『ラ・ラ・ランド』のコンサートツアー「La La Land in Concert: A Live-to-Film Celebration」が決定しました。まずは5月にロサンゼルスのハリウッド・ボウルでプレミアが行われたあと、...

そのプレミア上演が5月26日、27日、ロサンゼルスの野外会場ハリウッド・ボウルで行われました。ハリウッド・ボウルは半円のアーチがありますが、スクリーンとは別に側面にも映像を映写してスクリーンの外とシンクロする演出をしています。

Another Day of Sun

まずは映画ではデイミアン・チャゼルのミュージカルでのアイディアのなさ、演出力のなさがいきなり露呈した、全シーン・全カットがダメで名曲を殺してしまったオープニングシーン。
この生演奏版でもダンサーたちが登場するものの実に中途半端な演出でイマイチです。曲がとても良いだけにほんともったいないです…

ちなみに、この曲の演出に関しては、ゴールデングローブ賞のオープニングでパロディーにしたこちらの方が断然上です。振付は同じマンディ・ムーアです。

第74回ゴールデン・グローブ賞の授賞式が現地時間1月8日に行われました。その番組のオープニングで、司会のジミー・ファロンによる、ニコール・キッドマン、エイミー・アダムス、ジョン・トラボルタ、ライアン・...

A Lovely Night

一方このタップシーンは2人ともとても可愛らしくて素晴らしかったです。エマ・ストーンが劇中でタップシューズに履き替えるところをみせるのは斬新でした。本編そのままで生演奏付きは感動します。余談ですが、このダンスシーン後、お互いに別れた後に靴をちょっとズズッと引きずってダンスの余韻を楽しむという演出は良かったです。やれば出来るじゃないか!デイミアンくん!!(笑)

ラスト(ネタバレ注意!)

映画を観ていない方はこの動画は見ないでください。ラストシーンです。指揮者がアップになっていて、どういう機材を使って指揮をしているかがわかります。あと、スクリーン外の壁に映す映像演出にも注目してください。

エンドロール

エンディングです。音楽にシンクロして打ち上がる様々な花火の演出が見事です。
映画のエンド・クレジット終了時に花火によってタイトルが浮かび上がります。そこから今度はスクリーンに今回のコンサートスタッフのクレジットが流れて、舞台ではカーテンコールが行われるのですが、その時の音楽と花火のシンクロと演出は短いながら素晴らしいの一言。これはぜひ実際に見たいです。

こちらは映画のエンディングからエンドロールへの流れが分かる、編集された映像です。

こちらはエンドロールの音と花火の共演がノーカットで楽しめます。

まとめ映像

最期に全編の見どころをまとめた映像です。

「La La Land in Concert: A Live-to-Film Celebration」はこの後、全米をまわってヨーロッパでも行われます。日本でも開催が発表されましたが、発表直後に中止となっています。その時の会場はいずれも屋内だったので、もし日本公演が実現するなら、ぜひ野外で花火ショー付きにしてほしいです。