Home 海外NEWS 『ベスト・フレンズ・ウェディング』メキシコ版リメイク

『ベスト・フレンズ・ウェディング』メキシコ版リメイク

『ベスト・フレンズ・ウェディング』メキシコ版リメイク
0

ジュリア・ロバーツ、キャメロン・ディアスが共演した『ベスト・フレンズ・ウェディング』(1997)が、メキシコでリメイク(ローカライズ)されます。


親友として付き合っている元カレと、お互いに28歳まで独身だったら結婚しようと約束を交わしていたグルメ評論家のヒロインが、かわいい女子大生と結婚することを知った元カノを取り戻そうとする、キューティー映画の代表作『ベスト・フレンズ・ウェディング』。
2016年には中国でもリメイクされています。2016東京・中国映画週間で上映されたのを観ましたが、改訂の仕方がとても酷くて、単に海外ロケを豪華さの売りにするだけだった90年代バブル期の邦画のようでした(笑)

今回のメキシコ版ではジュリアン(ジュリア・ロバーツ)役をアナ・セラディーリャ(『太陽のかけら』)が演じます。
キミー(キャメロン。ディアス)役は、アイドルグループ「Emi 15」のメンバーとして活躍していた若手女優ナターシャ・デュペイロンが演じます。
ジュリアンの相談役、ゲイのジョージ(ルパート・エヴェレット)役をミゲル・エンジェル・シルベストル(Miguel Ángel Silvestre)。マイケル(ダーモット・マローニー)役をカルロス・フェロが演じます。

ロナルド・バスによるオリジナル版の脚本を、ガブリエル・リプスタイン(『リベンジ・ファイト 相棒は天才ハッカー!?』)が改訂しました。
監督はセルソ・ガルシア(Celso García)

原題そのままの『La Boda de Mi Mejor Amigo』というタイトルで、2019年にメキシコにて公開予定です。
記者発表の様子。カルロス・フェロ、ナターシャ・デュペイロン、アナ・セラディーリャ、ミゲル・エンジェル・シルベストル

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です