Home 海外NEWS クリステン・スチュワートが弁護士役『ウェンディ&ルーシー』監督の新作で主演

クリステン・スチュワートが弁護士役『ウェンディ&ルーシー』監督の新作で主演

クリステン・スチュワートが弁護士役『ウェンディ&ルーシー』監督の新作で主演
0

kristen-stewart-kelly-reichardt_00クリステン・スチュワートが、まだタイトルは未定ですが、2008年に公開されたインディペンデント映画『ウェンディ&ルーシー』で話題となった女流監督ケリー・ライヒャルトの新作でヒロインを務めます。


ケリー・ライヒャルト監督は、2008年にインディペンデント映画『ウェンディ&ルーシー』で注目を浴びます。
ミシェル・ウィリアムズ演じる失業中の女性が犬と旅している途中の寂れた田舎町で愛犬とはぐれ探しまわるというお話です。

ウェンディ&ルーシー [DVD]

ウェンディ&ルーシー [DVD] [DVD]

価格¥ 4,104

監督ケリー・ライヒャルト

出演者ミシェル・ウィリアムズ, ウィル・パットン, ジョン・ロビンソン

出版社エプコット

商品カテゴリーDVD

2010年には日本未公開ですが、西部劇『Meek’s Cutoff』を、再びミシェル・ウィリアムズ主演で撮ります。ゾーイ・カザンとポール・ダノも出演しています。

MEEK'S CUTOFF

MEEK'S CUTOFF [DVD]

価格¥ 3,697

出版社Oscilloscope Laboratories

出版日2011

商品カテゴリーDVD


そんな、リアリティあるタッチで淡々と(見る人によってはダラダラと)描写するタイプの作品を作っているケリー・ライヒャルト監督の新作にクリステン・スチュワートがヒロイン役で出演します。

クリステン・スチュワート演じるヒロインはアイダホのボイシに家を持つ弁護士ですが、そこからかなり離れたモンタナの小さな町の教師の職を得ます。
ボイシからモンタナまでは車で約8時間ほど。ヒロインはそこを毎日通うのですが、次第に受講生である町の人々との交流も深めていき…というお話のようです。

『ウェンディ&ルーシー』ほかケリー・ライヒャルト監督作品には常連のミシェル・ウィリアムズが出演するほか、ローラ・ダーン、ジェームズ・レグロス、ジャレッド・ハリス、サラ・ロディアーらが出演します。

ローラ・ダーンはモンタナのヘレナの女性弁護士役。彼女はジェームズ・レグロス演じる既婚男性と不倫中。その既婚男性の妻役がミシェル・ウィリアムズで、娘役がサラ・ロディアーという設定です。

クリステン・スチュワートはしばらく女優業を休業してPV撮影などの芸術活動をすると言っていましたが、結局は女優業を続けてるんですね。そりゃ、アメリカ人女優としては史上初のセザール賞を受賞したのですから。

クリステン・スチュワート、第40回セザール賞 助演女優賞受賞!アメリカ人の受賞は初!

クリスティンはニコラス・ホルトと共演し、日本で撮影した新作SFキューティー映画『イコールズ』が今年公開の予定ですが、まだ公開日が発表されていません。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です