Home 海外NEWS キーラ・ナイトレイ主演で『恋の手ほどき』原作者コレットの伝記映画『Colette』

キーラ・ナイトレイ主演で『恋の手ほどき』原作者コレットの伝記映画『Colette』

キーラ・ナイトレイ主演で『恋の手ほどき』原作者コレットの伝記映画『Colette』
0

『キャロル』のプロデューサーが企画している『恋の手ほどき』の原作者で有名なフランス人女性作家コレットの生涯を映画化する『Colette』でキーラ・ナイトレイがシドニー=ガブリエル・コレット役を演じることになりそうです。


シドニー=ガブリエル・コレットは18世紀生まれ。1954年に亡くなるまで、数々の小説や戯曲を発表しています。そのうち映画にもなって有名なのは『恋の手ほどき(原題:Gigi)』です。ブロードウェイの舞台版ではオードリー・ヘップバーンがヒロインを演じ、最近ではヴァネッサ・ハジェンズも演じています。
ミシェル・ファイファー主演『わたしの可愛い人 シェリ』も、シドニー=ガブリエル・コレット原作です。

シドニー=ガブリエル・コレットは性に開放的で何度も結婚し、同性の恋人も何人もいました。そんな彼女の伝記映画となる今回の『Colette』では、処女作『クロディーヌ』シリーズを出版した時の最初の結婚相手、15歳年上のバイセクシャルだったアンリ・ゴーティエ=ヴィラールとの関係を中心に描かれるようです。

脚本を『アリスのままで』の監督・脚本の故リチャード・グラッツァーが、監督を『アリスのままで』で共同監督を務めたウォッシュ・ウェストモアランドが担当します。
リチャード・グラッツァーとウォッシュ・ウェストモアランドはゲイカップルで同性婚をしています。夫リチャードは去年3月にALS(筋萎縮性側索硬化症)で亡くなっています。

映画の撮影は5月からブダペストでスタートする予定です。